2014年10月02日

スポンサードリンク
黄芩湯(オウゴントウ)

①.配合生薬
 芍薬 (シャクヤク) :3~6g
 甘草 (カンゾウ)  :3~6g
 黄芩 (オウゴン)  :4g
 大棗 (タイソウ)  :4g

②.効能
 比較的体力のある人の発熱、寒け、腹痛、などの
 いずれかの症状をともなう場合の
 下痢消化不良胃腸カタル、など
 に用いられます。

③.適応症
 急性胃炎  (キュウセイイエン)
 慢性胃炎  (マンセイイエン)
 急性大腸炎 (キュウセイダイチョウエン)
 消化不良  (ショウカフリョウ)
 下痢    (ゲリ)
 胃腸カタル (イチョウカタル)

④.使用上の注意
 低カリウム血症の人、アルドステロン症の人、ミオパシーのある人、
 は、使用できないこともあります。
 偽アルドステロン症、ミオパシーの副作用が現れた場合、
 適切な処置が必要となります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 黄芩湯(オウゴントウの 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年10月01日

応鐘散(オウショウサン)

①.配合生薬
 川芎 (センキュウ) :2g
 大黄 (ダイオウ)  :1g

②.効能
 便秘、便秘によるのぼせ肩こり、など
 に用いられます。

 応鐘散は、「芎黄散(キュウキサン)」とも呼ばれます。

③.適応症
 便秘  (ベンピ)
 のぼせ (ノボセ)
 肩こり (カタコリ)

④.使用上の注意
 吐き気、嘔吐、食欲不振、胃部不快感、下痢、腹痛などの症状が
 現れることがあります。
 また、大黄(ダイオウ)が入っているので便がやらかくなることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 応鐘散(オウショウサン)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年09月30日

黄連阿膠湯(オウレンアキョウトウ)

①.配合生薬
 黄連 (オウレン)  :3~4g
 芍薬 (シャクヤク) :2~2.5g
 黄芩 (オウゴン)  :2g
 阿膠 (アキョウ)  :3g
 卵黄 (ランオウ)  :1個

②.効能
 冷え症で不眠症やのぼせの傾向にある人の鼻出血
 乾燥してかさかさになった皮膚のかゆみ不眠症、など
 に用いられます。

③.適応症
 鼻出血    (ビシュッケツ)
 皮膚のかゆみ (ヒフノカユミ)
 不眠症    (フミンショウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 黄連阿膠湯(オウレンアキョウトウの 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


2014年09月29日

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)

①.配合生薬
 黄連  (オウレン) :1.5~2g
 黄柏  (オウバク) :1.5~3g
 黄芩  (オウゴン) :3g
 山梔子 (サンシシ) :2~3g

②.効能
 比較的体力があり、口が渇き、のぼせ気味で顔色が赤く、
 イライラなどの神経症状がある場合の
 吐血鼻出血下血動悸脳出血高血圧
 不眠症胃炎二日酔い、など
 に用いられます。

③.適応症
 高血圧     (コウケツアツ)
 胸やけ     (ムネヤケ)
 不眠症     (フミンショウ)
 二日酔い    (フツカヨイ)
 吐血      (トケツ)
 鼻出血     (ビシュッケツ)
 下血      (ゲケツ)
 動悸      (ドウキ)
 脳出血     (ノウシュッケツ)
 心不全     (シンフゼン)
 胃炎      (イエン)
 認知症     (ニンチショウ)
 パーキンソン病 (パーキンソンビョウ)

④.使用上の注意
 体力の衰えが激しい場合、全身倦怠や下痢などの症状が
 現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

⑤.副作用
 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

⑥.概要
 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)は、
 赤く盛り上がった湿疹や水泡をつぶすと汁が出るような、ジュクジュクした
 アトピーに用いられます。


2014年09月28日

黄連湯(オウレントウ)

①.配合生薬
 黄連 (オウレン)  :3g
 甘草 (カンゾウ)  :3g
 乾姜 (カンキョウ) :1~3g
 人参 (ニンジン)  :2~3g
 桂皮? (ケイヒ?)   :3g
 大棗 (タイソウ)  :3g
 半夏 (ハンゲ)   :5~6g

②.効能
 急性胃炎、二日酔い、消化不良、口内炎などで、
 胃部の重圧感、食欲不振、口臭、吐き気、嘔吐、腹痛、
 などの症状がある場合に用いられます。

③.適応症
 口内炎  (コウナイエン)
 口臭   (コウシュウ)
 胸やけ  (ムネヤケ)
 二日酔い (フツカヨイ)
 急性胃炎 (キュウセイイエン)
 消化不良 (ショウカフリョウ)

④.使用上の注意
 発疹やかゆみなどの過敏症状が現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

⑤.副作用
 黄連湯(オウレントウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ