2013年05月

2013年05月22日

スポンサードリンク
茯苓沢瀉湯(ブクリョウタクシャトウ)

①.配合生薬
 茯苓 (ブクリョウ)  :4g
 沢瀉 (タクシャ)   :4g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3g
 桂皮 (ケイヒ)    :2g
 生姜 (ショウキョウ) :3~5g
 甘草 (カンゾウ)   :1.5g

②.効能
 吐いて渇きを感じる場合の胃炎、胃アトニーなど
 に用いられます。

③.適応症
 胃炎(イエン)
 胃アトニー(イアトニー)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、妊婦または妊娠している
 可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書等を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

附子粳米湯(ブシコウベイトウ)

①.配合生薬
 附子 (ブシ)   :1g
 粳米 (コウベイ) :7g
 半夏 (ハンゲ)  :5g
 大棗 (タイソウ) :3g
 甘草 (カンゾウ) :1.5g

②.効能
 体力がない人で、冷えによる腹痛、胃痛に効果があり、
 よく用いられます。

③.適応症
 腹痛(フクツウ)
 胃痛(イツウ)

④.使用上の注意
 過去にこの薬で、発疹やかゆみなどの過敏症状が現れたことがある人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 あらかじめ薬剤師にその旨を相談するようにしてください。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書等を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

2013年05月20日

附子理中湯(ブシリチュウトウ)

①.配合生薬
 人参 (ニンジン)   :3g
 甘草 (カンゾウ)   :3g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3g
 乾姜 (カンキョウ)  :2~3g
 附子 (ブシ)     :1g

②.効能
 胃腸虚弱で血色が悪く、多尿、手足の冷え、下痢の傾向があり、
 吐き気やめまい、胃痛などの症状がある場合の
 慢性胃腸カタル、胃アトニーなどに用いられます。

③.適応症
 慢性胃炎(マンセイイエン)
 胃下垂(イカスイ)
 慢性胃腸カタル(マンセイイチョウカタル)
 胃アトニー(イアトニー)

④.使用上の注意
 体力があり自覚的に熱感のある人、妊婦または妊娠している
 可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

2013年05月19日

扶脾生脈湯(フヒセイミャクトウ)

①.配合生薬
 人参  (ニンジン)   :2g
 紫苑  (シオン)    :2g
 黄耆  (オウギ)    :2g
 五味子 (ゴミシ)    :1.5g
 甘草  (カンゾウ)   :1.5g
 当帰  (トウキ)    :4g
 麦門冬 (バクモンドウ) :6g
 芍薬  (シャクヤク)  :3g

②.効能
 出血、出血傾向に効果があり、
 よく用いられます。

③.適応症
 出血(シュッケツ)
 出血傾向(シュッケツケイコウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

2013年05月18日

分消湯(ブンショウトウ)

①.配合生薬
 蒼朮  (ソウジュツ)または、
 白朮  (ビャクジュツ) :2.5~6.0g
 茯苓  (ブクリョウ)  :2.5~3.0g
 陳皮  (チンピ)    :2.0g
 厚朴  (コウボク)   :1.0~2.0g
 香附子 (コウブシ)   :2.0g
 猪苓  (チょレイ)   :1.0~3.0g
 沢瀉  (タクシャ)   :2.0~4.0g
 枳実  (キジツ)    :1.0g
 大腹皮 (ダイフクヒ)  :1.0g
 縮砂  (シュクシャ)  :1.0~2.0g
 木香  (モッコウ)   :1.0g
 生姜  (ショウキョウ) :1.0g
 燈心草 (トウシンソウ) :1.0~2.0g

②.効能
 むくみがあり、尿量が少ない場合に
 用いられます。

③.適応症
 むくみ(ムクミ)

④.使用上の注意
 過去にこの薬で、発疹やかゆみなどの過敏症状が現れたことがある人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

2013年05月17日

平胃散(ヘイイサン)

①.配合生薬
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :4g
 厚朴 (コウボク)   :3g
 陳皮 (チンピ)    :3g
 大棗 (タイソウ)   :2g
 甘草 (カンゾウ)   :1g
 生姜 (ショウキョウ) :0.5~1g

②.効能
 体力中等度の人で、胃のつかえやもたれ、下痢などの
 症状がみられる場合の急性および慢性胃腸カタル、胃アトニー、
 消化不良、食欲不振などに用いられます。

③.適応症
 食欲不振(ショクヨクフシン)
 急性胃炎(キュウセイイエン)
 慢性胃炎(マンセイイエン)
 胃下垂(イカスイ)
 慢性胃腸カタル(マンセイイチョウカタル)
 胃アトニー(イアトニー)

④.使用上の注意
 妊婦または妊娠している可能性のある女性は
 使用できない場合があります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

2013年05月16日

防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)

①.配合生薬
 防已 (ボウイ)    :4~5g
 黄耆 (オウギ)    :5g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3.5g
 生姜 (ショウキョウ) :3g
 大棗 (タイソウ)   :3~4g
 甘草 (カンゾウ)   :1.5~2g

②.効能
 比較的体力が低下し、色白で疲れやすく汗をかきやすい人の
 肥満症、腎炎、ネフローゼ、皮膚病、関節痛、むくみ、胃炎、
 月経不順、多汗症などに用いられます。

③.適応症
 慢性腎炎(マンセイジンエン)
 関節リウマチ(カンセツリウマチ)
 肥満(ヒマン)
 むくみ(ムクミ)
 ネフローゼ(ネフローゼ)

④.使用上の注意
 妊婦または妊娠している可能性のある女性は
 使用できない場合があります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

2013年05月15日

防已茯苓湯(ボウイブクリョウトウ)

①.配合生薬
 防已 (ボウイ)   :2.4~3.0g
 黄耆 (オウギ)   :2.4~3.0g
 桂皮 (ケイヒ)   :2.4~3.0g
 茯苓 (ブクリョウ) :4.0~6.0g
 甘草 (カンゾウ)  :1.5~2.0g

②.効能
 手足が冷え、むくみがある場合などに用いられます。

③.適応症
 むくみ(ムクミ)
 めまい(メマイ)
 しびれ(シビレ)
 手足の痛み(テアシノイタミ)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、妊婦または妊娠している
 可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

2013年05月14日

防風通聖散(ボウフウツウショウサン)

①.配合生薬
 当帰  (トウキ)    :1.2g
 芍薬  (シャクヤク)  :1.2g
 川芎  (センキュウ)  :1.2g
 山梔子 (サンシシ)   :1.2g
 連翹  (レンギョウ)  :1.2g
 白朮  (ビャクジュツ) :2.0g
 薄荷葉 (ハッカヨウ)  :1.2g
 生姜  (ショウキョウ) :1.2g
 荊芥  (ケイガイ)   :1.2g
 防風  (ボウフウ)   :1.2g
 麻黄  (マオウ)    :1.2g
 大黄  (ダイオウ)   :1.2g
 芒硝  (ボウショウ)  :1.2g
 桔梗  (キキョウ)   :2.0g
 黄芩  (オウゴン)   :2.0g
 甘草  (カンゾウ)   :2.0g
 石膏  (セッコウ)   :2.0~3.0g
 滑石  (カッセキ)   :3.0~5.0g

②.効能
 体力の充実した脂肪ぶとりの人で、便秘の症状がみられる場合の
 高血圧の随伴症状、肥満症、動脈硬化、腎臓病、むくみ、便秘、
 などに用いられます。

③.適応症
 便秘(ベンピ)
 肥満(ヒマン)
 むくみ(ムクミ)

④.使用上の注意
 胃腸の弱い人、体力の衰えている人、心臓に病気のある人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の服用は、
 慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ