2014年04月

2014年04月30日

スポンサードリンク
秦艽羌活湯(ジンギョウキョウカツトウ)


①.配合生薬
 秦艽 (ジンギョウ) :3g
 羌活 (キョウカツ) :5g
 黄耆 (オウギ)   :3g
 防風 (ボウフウ)  :2g
 升麻 (ショウマ)  :1.5g
 甘草 (カンゾウ)  :1.5g
 麻黄 (マオウ)   :1.5g
 柴胡 (サイコ)   :1.5g
 藁木 (コウホン)  :0.5g
 細辛 (サイシン)  :0.5g
 紅花 (コウカ)   :0.5g

②.効能
 かゆみを伴う痔に用いられます。

③.適応症
 痔 (ジ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


2014年04月29日

秦艽防風湯(ジンギョウボウフウトウ)


①.配合生薬
 秦艽 (ジンギョウ)  :2g
 沢瀉 (タクシャ)   :2g
 陳皮 (チンピ)    :2g
 柴胡 (サイコ)    :2g
 防風 (ボウフウ)   :2g
 当帰 (トウキ)    :2g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3g
 甘草 (カンゾウ)   :1g
 黄柏 (オウバク)   :1g
 升麻 (ショウマ)   :1g
 大黄 (ダイオウ)   :1g
 桃仁 (トウニン)   :3g
 紅花 (コウカ)    :1g

②.効能
 排便痛を伴う痔に用いられます。

③.適応症
 痔 (ジ)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


2014年04月28日

神仙太乙膏(ジンセンタイツコウ)


①.配合生薬
 当帰   (トウキ)   :1g
 桂皮   (ケイヒ)   :1g
 大黄   (ダイオウ)  :1g
 芍薬   (シャクヤク) :1g
 地黄   (ジオウ)   :1g
 玄参   (ゲンジン)  :1g
 白芷   (ビャクシ)  :1g
 ごま油  (ゴマアブラ) :48g
 みつろう (ミツロウ)  :48g

②.効能
 火傷、皮膚のかゆみ、床ずれ、虫刺され、など
 に用いられます。

③.適応症
 火傷    (ヤケド)
 皮膚のかゆみ(ヒフノカユミ)
 床ずれ   (トコズレ)
 虫刺され  (ムシササレ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


2014年04月27日

参蘇飲(ジンソイン)


①.配合生薬
 蘇葉 (ソヨウ)    :1~1.5g
 枳実 (キジツ)    :1~1.5g
 桔梗 (キキョウ)   :2g
 陳皮 (チンピ)    :2g
 葛根 (カッコン)   :2g
 前胡 (ゼンコ)    :2g
 半夏 (ハンゲ)    :3g
 茯苓 (ブクリョウ)  :3g
 大棗 (タイソウ)   :1.5g
 生姜 (ショウキョウ) :1.5g
 甘草 (カンゾウ)   :1g
 人参 (ニンジン)   :1.5g
 乾姜 (カンキョウ)  :1g
 木香 (モッコウ)   :1~1.5g

②.効能
 胃腸虚弱な人の風邪、せき、など
 に用いられます。

③.適応症
 風邪症候群 (カゼショウコウグン)
 気管支炎  (キカンシエン)

④.使用上の注意
 妊婦または妊娠している可能性のある女性は
 使用できない場合があります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


2014年04月26日

神秘湯(シンピトウ)


①.配合生薬
 麻黄 (マオウ)   :3~5g
 杏仁 (キョウニン) :4g
 厚朴 (コウボク)  :3g
 陳皮 (チンピ)   :2.5~3g
 甘草 (カンゾウ)  :2g
 柴胡 (サイコ)   :2~4g
 蘇葉 (ソヨウ)   :1.5~3g

②.効能
 せき、呼吸困難などの症状がみられる場合の
 小児喘息、気管支喘息、気管支炎、など
 に用いられます。

③.適応症
 小児喘息  (ショウニゼンソク)
 気管支喘息 (キカンシゼンソク)
 気管支炎  (キカンシエン)

④.使用上の注意
 胃腸の弱い人、
 体力の衰えている人、
 心臓に病気のある人、
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


2014年04月25日

参苓白朮散(ジンレイビャクジュツサン)


①.配合生薬
 人参  (ニンジン)   :3g
 山薬  (サンヤク)   :1.5~3g
 蒼朮  (ソウジュツ)または、
 白朮  (ビャクジュツ) :3~4g
 茯苓  (ブクリョウ)  :3~4g
 薏苡仁 (ヨクイニン)  :5~8g
 扁豆  (ヘンズ)    :2~4g
 蓮肉  (レンニク)   :2~4g
 桔梗  (キキョウ)   :2~2.5g
 縮砂  (シュクシャ)  :2g
 甘草  (カンゾウ)   :1.5g

②.効能
 やせて血色が悪く、食欲がなく、
 下痢が続く場合に用いられます。

③.適応症
 食欲不振 (ショクヨクフシン)
 下痢   (ゲリ)
 疲労倦怠 (ヒロウケンタイ)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の
 服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


2014年04月24日

清肌安蛔湯(セイキアンカイトウ)


①.配合生薬
 柴胡  (サイコ)    :4~7g
 半夏  (ハンゲ)    :4~5g
 生姜  (ショウキョウ) :4g
 黄芩  (オウゴン)   :3g
 人参  (ニンジン)   :2~3g
 甘草  (カンゾウ)   :2g
 海人草 (カイニンソウ) :3g
 麦門冬 (バクモンドウ) :3g

②.効能
 回虫の駆除などに用いられます。

③.適応症
 回虫の駆除 (カイチュウノクジョ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


2014年04月23日

清湿化痰湯(セイシツケタントウ)


①.配合生薬
 天南星 (テンナンショウ) :3g
 黄芩  (オウゴン)    :3g
 生姜  (ショウキョウ)  :3g
 半夏  (ハンゲ)     :4g
 茯苓  (ブクリョウ)   :4g
 陳皮  (チンピ)     :2~3g
 羌活  (キョウカツ)   :1.5g
 白芷  (ビャクシ)    :1.5g
 白芥子 (ハクガイシ)   :1.5g
 甘草  (カンゾウ)    :1~1.5g
 蒼朮  (ソウジュツ)または、
 白朮  (ビャクジュツ)  :4g

②.効能
 背中に寒けを感じる場合に
 用いられます。

③.適応症
 関節痛 (カンセツツウ)
 神経痛 (シンケイツウ)
 筋肉痛 (キンニクツウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


2014年04月22日

清上蠲痛湯(セイジョウケンツウトウ


①.配合生薬
 麦門冬 (バクモンドウ) :2.5~6g
 黄芩  (オウゴン)   :3~5g
 羌活  (キョウカツ)  :2.5~3g
 独活  (ドッカツ)   :2.5~3g
 防風  (ボウフウ)   :2.5~3g
 蒼朮  (ソウジュツ)または、
 白朮  (ビャクジュツ) :2.5~3g
 当帰  (トウキ)    :2.5~3g
 川芎  (センキュウ)  :2.5~3g
 白芷  (ビャクシ)   :2.5~3g
 蔓荊子 (マンケイシ)  :1.5~2g
 細辛  (サイシン)   :1g
 甘草  (カンゾウ)   :1g
 藁木  (コウホン)   :1.5g
 菊花  (キクカ)    :1.5~2g
 生姜  (ショウキョウ) :3g

②.効能
 頭痛、顔面痛、などに用いられます。
 別名、駆風触痛湯(クフウショクツウトウ)とも呼ばれます。

③.適応症
 頭痛  (ズツウ)
 顔面痛 (ガンメンツウ)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の
 服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

続きを読む

2014年04月21日

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)


①.配合生薬
 荊芥  (ケイガイ)  :1~1.5g
 黄連  (オウレン)  :1~1.5g
 薄荷  (ハッカ)   :1~1.5g
 枳実  (キジツ)   :1~1.5g
 甘草  (カンゾウ)  :1~1.5g
 山梔子 (サンシシ)  :1.5~3g
 川芎  (センキュウ) :2~3g
 黄芩  (オウゴン)  :2~3g
 連翹  (レンギョウ) :2~3g
 白芷  (ビャクシ)  :2~3g
 桔梗  (キキョウ)  :2~3g
 防風  (ボウフウ)  :2~3g

②.効能
 比較的体力がある人の顔や頭のにきび、発疹、
 などに用いられます。

③.適応症
 にきび (ニキビ)
 おでき (オデキ)
 発疹  (ホッシン)

④.使用上の注意
 食欲不振、胃部不快感などの症状が
 現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


タグクラウド
アクセスカウンター

商品紹介

  • ライブドアブログ