2014年05月

2014年05月21日

スポンサードリンク
蛇床子湯(ジャショウシトウ)

①.配合生薬
 蛇床子 (ジャショウシ) :10g
 当帰  (トウキ)    :10g
 威霊仙 (イレイセン)  :10g
 苦参  (クジン)    :10g

②.効能
 皮膚のかゆみ、ただれ、たむしなどに用いられます。

③.適応症
 皮膚のかゆみ (ヒフノカユミ)
 ただれ    (タダレ)
 たむし    (タムシ)

④.使用上の注意
 皮膚に塗る薬です。誤って服用しないように注意してください。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 蛇床子湯(ジャショウシトウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年05月20日

十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)

①.配合生薬
 人参 (ニンジン)   :2.5~3g
 黄耆 (オウギ)    :2.5~3g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3g
 茯苓 (ブクリョウ)  :3g
 当帰 (トウキ)    :3g
 芍薬 (シャクヤク)  :3g
 地黄 (ジオウ)    :3g
 川芎 (センキュウ)  :3g
 桂皮 (ケイヒ)    :3g
 甘草 (カンゾウ)   :1.5g

②.効能
 消耗性疾患や病後の体力低下、疲労倦怠感、神経衰弱、
 食欲不振、貧血、手足の冷え、寝汗、胃腸虚弱、胃下垂、
 などに用いられます。

③.適応症
 低血圧   (テイケツアツ)
 食欲不振  (ショクヨクフシン)
 疲れやすい (ツカレヤスイ)
 貧血    (ヒンケツ)
 寝汗    (ネアセ)
 胃腸虚弱  (イチョウキョジャク)
 胃下垂   (イカスイ)

④.使用上の注意
 発疹、かゆみ、下痢、食欲不振、胃部不快感、
 などの症状が現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)の副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

⑥.概要
 十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)は、
 体力や血液を補う代表的な漢方薬です。
 疲労、虚弱体質、食欲不振、手足の冷え、めまい、貧血のほか、
 病後の体力アップや慢性病、生理不調、など、
 にも用いることができます。
 足りない血液や水分を補い、肌に潤いを与えてくれます。
 慢性的な湿疹にも使えます。


2014年05月19日

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

①.配合生薬
 柴胡 (サイコ)    :2~3g
 桜皮 (オウヒ)    :2~3g
 桔梗 (キキョウ)   :2~3g
 川芎 (センキュウ)  :2~3g
 茯苓 (ブクリョウ)  :2~4g
 独活 (ドッカツ)   :1.5~3g
 防風 (ボウフウ)   :1.5~3g
 甘草 (カンゾウ)   :1~1.5g
 生姜 (ショウキョウ) :1~3g
 荊芥 (ケイガイ)   :1~1.5g
 連翹 (レンギョウ)  :2~3g

②.効能
 体力中等度の人で、化膿性の皮膚疾患および急性皮膚疾患の初期、
 にきび、じんましん、水虫などに用いられます。

③.適応症
 アトピー性皮膚炎 (アトピーセイヒフエン)
 にきび      (ニキビ)
 おでき      (オデキ)
 主婦湿疹     (シュフシッシン)
 発疹       (ホッシン)
 じんましん    (ジンマシン)
 水虫       (ミズムシ)

④.使用上の注意
 体力のない人で、発疹の悪化や胃の不快感などの症状が
 現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)の 副作用
 肝障害(倦怠感など)の症状が現れることがあります。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年05月18日

潤腸丸(ジュンチョウガン)

①.配合生薬
 麻子仁 (マシニン)   :2g
 桃仁  (トウニン)   :2g
 羌活  (キョウカツ)  :1g
 大黄  (ダイオウ)   :1g
 当帰  (トウキ)    :1g

②.効能
 身体虚弱なものの次の症状の緩和:便秘

③.適応症
 便秘 (ベンピ)

④.使用上の注意
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 潤腸丸(ジュンチョウガン) の 副作用

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

⑥.概要
 潤腸丸(ジュンチョウガン)は、
 兎糞状の便をともなう習慣性の便秘に用い、腸管を潤して緩下します。
 老人や虚弱な方に適しています。


2014年05月17日

潤腸湯(ジュンチョウトウ)

①.配合生薬
 当帰  (トウキ)    :3g
 熟地黄 (ジュクジオウ) :3g
 乾地黄 (カンジオウ)  :3g
 麻子仁 (マシニン)   :2g
 桃仁  (トウニン)   :2g
 杏仁  (キョウニン)  :2g
 枳実  (キジツ)    :0.5~2g
 黄芩  (オウゴン)   :2g
 厚朴  (コウボク)   :2g
 大黄  (ダイオウ)   :1~3g
 甘草  (カンゾウ)   :1~1.5g

②.効能
 体力の低下した人で、皮膚の乾燥などの症状がある場合の
 便秘などに用いられます。

③.適応症
 便秘 (ベンピ)

④.使用上の注意
 下痢、食欲不振、胃部不快感などの症状が現れることがあります。
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 潤腸湯(ジュンチョウトウ)の 副作用

 地黄(ジオウ)には、生薬の副作用として、
 胃もたれ・胃痛・吐気・嘔吐・下痢・胸焼け・食欲不振、など、
 胃腸障害を招く事があります。
 胃腸の弱い人には向いていない漢方薬です。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年05月16日

蒸眼一方(ジョウガンイッポウ)

①.配合生薬
 白礬 (ビャクバン) :2g
 甘草 (カンゾウ)  :2g
 黄連 (オウレン)  :2g
 黄柏 (オウバク)  :2g
 紅花 (コウカ)   :2g

②.効能
 はやり目、ものもらい、ただれ目などに用いられます。

③.適応症
 はやり目  (ハヤリメ)
 ものもらい (モノモライ)
 ただれ目  (タダレメ)

④.使用上の注意
 煎じた液で、温湿布や洗眼して使用します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 蒸眼一方(ジョウガンイッポウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


2014年05月15日

生姜瀉心湯(ショウキョウシャシントウ)

①.配合生薬
 半夏 (ハンゲ)    :4.0~5.0g
 黄芩 (オウゴン)   :2.5~3.0g
 乾姜 (カンキョウ)  :2.0~2.5g
 人参 (ニンジン)   :2.5~3.0g
 甘草 (カンゾウ)   :2.5~3.0g
 大棗 (タイソウ)   :2.5~3.0g
 黄連 (オウレン)   :1.0g
 生姜 (ショウキョウ) :2.0~4.0g

②.効能
 みぞおちのつかえがあり、げっぷを伴う場合に用いられます。

③.適応症
 食欲不振 (ショクヨクフシン)
 吐き気  (ハキケ)
 胸やけ  (ムネヤケ)
 下痢   (ゲリ)
 口臭   (コウシュウ)
 胃炎   (イエン)
 腸炎   (チョウエン)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、妊婦または妊娠している可能性のある女性
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 生姜瀉心湯(ショウキョウシャシントウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう


2014年05月14日

小建中湯(ショウケンチュウトウ)

①.配合生薬
 桂皮 (ケイヒ)    :3~4g
 生姜 (ショウキョウ) :3~4g
 大棗 (タイソウ)   :3~4g
 芍薬 (シャクヤク)  :6g
 甘草 (カンゾウ)   :2~3g
 膠飴 (コウイ)    :20g

②.効能
 虚弱体質で疲れやすく、腹痛や動悸、手足のほてり、貧血、
 冷え症、頻尿または多尿などのいずれかの症状をともなう場合の
 疲労倦怠感、慢性胃腸炎、神経質、小児虚弱体質、夜尿症、夜泣き、
 などに用いられます。

③.適応症
 夜尿症   (ヤニョウショウ)
 虚弱体質  (キョジャクタイシツ)
 疲れやすい (ツカレヤスイ)
 夜泣き   (ヨナキ)
 慢性胃炎  (マンセイイエン)
 慢性腸炎  (マンセイチョウエン)

④.使用上の注意
 発疹やかゆみなどの過敏症状が現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 小建中湯(ショウケンチュウトウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

⑥.概要
 小建中湯(ショウケンチュウトウ)は、
 虚弱体質の腹痛の処方で有名な「小建中湯」ですが、
 慢性胃腸炎、慢性肝炎、原因不明の発熱、習慣性便秘、夜泣き、夜尿症、など、
 応用範囲の広い漢方でもあります。


2014年05月13日

小柴胡湯(ショウサイコトウ)

①.配合生薬
 柴胡 (サイコ)    :4~7g
 半夏 (ハンゲ)    :4~5g
 生姜 (ショウキョウ) :4g
 黄芩 (オウゴン)   :3g
 大棗 (タイソウ)   :2~3g
 人参 (ニンジン)   :2~3g
 甘草 (カンゾウ)   :2g

②.効能
 体力が中等度以上の人で、上腹部が張って苦しい、
 吐き気、食欲不振、微熱などの症状がみられる場合の
  肺炎、胃炎、胃腸虚弱、疲労倦怠感、
  風邪の後期症状、気管支炎、熱性疾患、
 などに用いられます。

③.適応症
 慢性肝炎 (マンセイカンエン)
 慢性腎炎 (マンセイジンエン)
 肺炎   (ハイエン)
 慢性胃炎 (マンセイイエン)
 気管支炎 (キカンシエン)

④.使用上の注意
 体力が著しく衰えている人は、注意が必要です。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 小柴胡湯(ショウサイコトウ)の 副作用
 間質性肺炎(気管支炎、発熱、咳、呼吸困難、チアノーゼなど)、
 肝障害(黄疸、全身倦怠感、皮疹など)、膀胱炎様症状、
 偽アルドステロン症(浮腫、高血圧、低カリウム血症、ミオパチー)、
 扁平苔癬型皮疹、の症状が現れることがあります。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

⑥.概要
 小柴胡湯(ショウサイコトウ)は、

 小柴胡湯は胸がつまるように苦しかったり、嘔吐、のどの渇き、イライラ、
 口の苦み、などが、あるときによく用いられます。
 小柴胡湯の副作用が以前問題になりましたが、証(体質)にあえばとても有効な漢方薬です。

 脇腹から鳩尾にかけて不快感や痛みがあり、胃がつかえて食欲なく口が苦くなったり
 舌に白い苔ができ、熱が出たり悪寒を繰り返すような時の風邪・肝炎・中耳炎・扁桃腺炎
 などに用います。 


2014年05月12日

小柴胡湯加桔梗石膏(ショウサイコトウカキキョウセッコウ)

①.配合生薬
 柴胡 (サイコ)    :4~7g
 半夏 (ハンゲ)    :4~5g
 生姜 (ショウキョウ) :4g
 黄芩 (オウゴン)   :3g
 大棗 (タイソウ)   :2~3g
 人参 (ニンジン)   :2~3g
 甘草 (カンゾウ)   :2g
 桔梗 (キキョウ)   :3g
 石膏 (セッコウ)   :10g

②.効能
 体力が中等度以上の人で、上腹部が張って苦しい、
 食欲不振、微熱などの症状がみられる場合の
 扁桃炎、扁桃周囲炎などによる喉のはれや痛みなどに用いられます。

③.適応症
 扁桃炎   (ヘントウエン)
 慢性扁桃炎 (マンセイヘントウエン)
 扁桃周囲炎 (ヘントウシュウイエン)
 咽頭炎   (イントウエン)

④.使用上の注意
 妊婦または妊娠している可能性のある女性は
 使用できない場合があります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 小柴胡湯加桔梗石膏(ショウサイコトウカキキョウセッコウ) の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ