2014年05月

2014年05月11日

スポンサードリンク
小承気湯(ショウジョウキトウ)

①.配合生薬
 大黄 (ダイオウ) :2~4g
 枳実 (キジツ)  :2~4g
 厚朴 (コウボク) :2~3g

②.効能
 便秘に効果があり、よく用いられます。

③.適応症
 便秘 (ベンピ)

④.使用上の注意
 胃腸の弱く下痢しやすい人、虚弱な人、妊婦または妊娠している可能性のある人、
 医師の治療を受けている人は、薬剤師にあらかじめ相談してください。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

⑤.副作用
 小承気湯(ショウジョウキトウ) の 副作用

 大黄(ダイオウ)には、生薬の副作用として、
 下痢・腹痛・食欲不振の症状が現れることがあります。
 また、子宮収縮作用や骨盤内臓器の充血作用が認められています。
 そのため、流早産の原因にもなりかねません。
 大量でなければまず心配ありませんが、
 妊娠中の服用については医師とよく相談してください。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう


漢方薬(サ行)漢方薬| 

2014年05月10日

小青竜湯(ショウセイリュウトウ)

①.配合生薬
 麻黄  (マオウ)   :2~3g
 芍薬  (シャクヤク) :2~3g
 乾姜  (カンキョウ) :2~3g
 甘草  (カンゾウ)  :2~3g
 桂皮  (ケイヒ)   :2~3g
 細辛  (サイシン)  :2~3g
 五味子 (ゴミシ)   :1.5~3g
 半夏  (ハンゲ)   :3~6g

②.効能
 気管支炎
 気管支喘息
 薄い水様性のたんをともなう
  せき、鼻水、鼻炎、アレルギー性鼻炎、
 などに用いられます。

③.適応症
 アレルギー性鼻炎 (アレルギーセイビエン)
 花粉症      (カフンショウ)
 風邪症候群    (カゼショウコウグン)
 気管支炎     (キカンシエン)
 気管支喘息    (キカンシゼンソク)

④.使用上の注意
 発疹やかゆみなどの過敏症状が現れることがあります。
 胃腸の弱い人、体力の衰えている人、心臓に病気のある人
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 小青竜湯(ショウセイリュウトウ)の 副作用
 発疹(そう痒、浸潤性の紅斑)、仮性バーター症候群(四肢しびれ感、脱力感、
 全身浮腫、筋力低下)、下痢、の症状が現れることがあります。

 甘草(カンゾウ)には、生薬の副作用として、
 偽アルドステロン症(浮腫・高血圧・むくみ・低カリウム症)、
 血圧上昇、ミオパシー、の症状が現れることがあります。
 また、インターフェロンとの併用で、間質性肺炎を起こす危険性が
 ありますので、注意してください。

 麻黄(マオウ)には、生薬の副作用として、
 心臓がドキドキする・動悸・血圧上昇・興奮、などの
 心血管症状(動悸・不眠・神経症状)が現れることがあります。
 エフェドリンが含まれているので、心臓に病気のある人、不整脈や狭心症、
 心筋梗塞、などの心臓疾患のある方は要注意です。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

⑥.概要
 小青竜湯(ショウセイリュウトウ)は、
 発熱悪寒頭痛しで汗がでない時で、多尿・鼻水・むくみ等の症状がある時の
 喘息・腎炎・蕁麻疹・湿疹・アレルギー性鼻炎などに用います。



漢方薬(サ行)漢方薬| 

2014年05月09日

小青竜湯加杏仁石膏(ショウセイリュウトウカキョウニンセッコウ)

①.配合生薬
 麻黄  (マオウ)   :2~3g
 芍薬  (シャクヤク) :2~3g
 乾姜  (カンキョウ) :2~3g
 甘草  (カンゾウ)  :2~3g
 桂皮  (ケイヒ)   :2~3g
 細辛  (サイシン)  :2~3g
 五味子 (ゴミシ)   :1.5~3g
 半夏  (ハンゲ)   :3~6g
 杏仁  (キョウニン) :4g
 石膏  (セッコウ)  :10g

②.効能
 小児喘息
 気管支喘息
 せき
 などに用いられます。

③.適応症
 小児喘息  (ショウニゼンソク)
 気管支喘息 (キカンシゼンソク)
 せき    (セキ)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 小青竜湯加杏仁石膏(ショウセイリュウトウカキョウニンセッコウ)の 副作用

 麻黄(マオウ)には、生薬の副作用として、
 心臓がドキドキする・動悸・血圧上昇・興奮、などの
 心血管症状(動悸・不眠・神経症状)が現れることがあります。
 エフェドリンが含まれているので、心臓に病気のある人、不整脈や狭心症、
 心筋梗塞、などの心臓疾患のある方は要注意です。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


漢方薬(サ行)漢方薬| 

2014年05月08日

小続命湯(ショウゾクメイトウ)

①.配合生薬
 附子 (ブシ)     :0.6g
 防風 (ボウフウ)   :2g
 芍薬 (シャクヤク)  :2g
 防已 (ボウイ)    :2g
 麻黄 (マオウ)    :2g
 川芎 (センキュウ)  :2g
 黄芩 (オウゴン)   :2g
 桂皮 (ケイヒ)    :2g
 生姜 (ショウキョウ) :2g
 杏仁 (キョウニン)  :3.5g
 甘草 (カンゾウ)   :1g
 人参 (ニンジン)   :1g

②.効能
 体力が低下している人、
 または高齢者人
 に用いられます。

③.適応症
 関節痛 (カンセツツウ)
 神経痛 (シンケイツウ)
 耳鳴り (ミミナリ)
 めまい (メマイ)
 頭痛  (ズツウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 小続命湯(ショウゾクメイトウ) の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


漢方薬(サ行)漢方薬| 

2014年05月07日

椒梅湯(ショウバイトウ)

①.配合生薬
 烏梅  (ウバイ)   :2g
 山椒  (サンショウ) :2g
 檳榔子 (ビンロウジ) :2g
 枳実  (キジツ)   :2g
 木香  (モッコウ)  :2g
 縮砂  (シュクシャ) :2g
 香附子 (コウブシ)  :2g
 桂皮  (ケイヒ)   :2g
 川棟子 (センレンシ) :2g
 厚朴  (コウボク)  :2g
 甘草  (カンゾウ)  :2g
 乾姜  (カンキョウ) :2g

②.効能
 回虫の駆除に用いられます。

③.適応症
 回虫の駆除 (カイチュウノクジョ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 椒梅湯(ショウバイトウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



漢方薬(サ行)漢方薬| 

2014年05月06日

小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)

①.配合生薬
 半夏 (ハンゲ)    :5~8g
 生姜 (ショウキョウ) :5~8g
 茯苓 (ブクリョウ)  :3~5g

②.効能
 体力が中等度の人で、つわり、吐き気、嘔吐、
 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、急性胃腸炎、湿性胸膜炎、
 などに用いられます。

③.適応症
 つわり    (ツワリ)
 吐き気    (ハキケ)
 嘔吐     (オウト)
 慢性副鼻腔炎 (マンセイフクビクウエン))
 慢性蓄膿症  (マンセイチクノウショウ)
 急性胃炎   (キュウセイイエン)
 急性腸炎   (キュウセイチョウエン)
 湿性胸膜炎  (シッセイキョウマクエン)

④.使用上の注意
 他の製剤と併用する場合は注意が必要です。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)の 副作用

 茯苓(ブクリョウ)には、生薬の副作用として、
 便秘を引き起こす場合があります。 正常な便通の人には不適用です。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


漢方薬(サ行)漢方薬| 

2014年05月05日

消風散(ショウフウサン)

①.配合生薬
 当帰  (トウキ)    :3g
 地黄  (ジオウ)    :3g
 石膏  (セッコウ)   :3~5g
 防風  (ボウフウ)   :2g
 蒼朮  (ソウジュツ)または、
 白朮  (ビャクジュツ) :2~3g
 木通  (モクツウ)   :2~5g
 牛蒡子 (ゴボウシ)   :2g
 知母  (チモ)     :1.5g
 胡麻  (ゴマ)     :1.5g
 蝉退  (センタイ)   :1g
 苦参  (クジン)    :1g
 荊芥  (ケイガイ)   :1g
 甘草  (カンゾウ)   :1~1.5g

②.効能
 湿疹、じんましん、水虫、あせも、皮膚そう痒症、などの
 分泌物が多い慢性皮膚疾患などに用いられます。

③.適応症
 皮膚のかゆみ (ヒフノカユミ)
 発疹     (ホッシン)
 じんましん  (ジンマシン)
 水虫     (ミズムシ)
 あせも    (アセモ)

④.使用上の注意
 下痢、食欲不振、胃部不快感などの症状が
 現れることがあります。
 妊婦または妊娠している可能性のある女性
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 消風散(ショウフウサン)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


漢方薬(サ行)漢方薬| 

2014年05月04日

升麻葛根湯(ショウマカッコントウ)

①.配合生薬
 葛根 (カッコン)   :5~6g
 升麻 (ショウマ)   :1~3g
 生姜 (ショウキョウ) :1~3g
 芍薬 (シャクヤク)  :3g
 甘草 (カンゾウ)   :1.5~3g

②.効能
 風邪の初期症状、発疹、じんましんなどに用いられます。

③.適応症
 発疹    (ホッシン)
 じんましん (ジンマシン)

④.使用上の注意
 一時的に皮膚の症状が悪化する場合もあります。
 偽アルドステロン症、ミオパシーの副作用が現れた場合、
 適切な処置が必要となります。
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の
 服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 升麻葛根湯(ショウマカッコントウ)の 副作用

 甘草(カンゾウ)には、生薬の副作用として、
 偽アルドステロン症(浮腫・高血圧・むくみ・低カリウム症)、
 血圧上昇、ミオパシー、の症状が現れることがあります。
 また、インターフェロンとの併用で、間質性肺炎を起こす危険性が
 ありますので、注意してください。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


漢方薬(サ行)漢方薬| 

2014年05月03日

逍遙散(ショウヨウサン)

①.配合生薬
 当帰  (トウキ)    :3g
 芍薬  (シャクヤク)  :3g
 柴胡  (サイコ)    :3g
 蒼朮  (ソウジュツ)または、
 白朮  (ビャクジュツ) :3g
 茯苓  (ブクリョウ)  :3g
 甘草  (カンゾウ)   :1.5~2g
 生姜  (ショウキョウ) :1g
 薄荷  (ハッカ)    :1g

②.効能
 虚弱体質、経不順、更年期障害、血の道症、冷え症、など
 に用いられます。

 逍遙散は、「八味逍遙散(ハチミショウヨウサン)」とも呼ばれています。

③.適応症
 虚弱体質  (キョジャクタイシツ)
 月経不順  (ゲッケイフジュン)
 更年期障害 (コウネンキショウガイ)
 血の道症  (チノミチショウ)
 冷え症   (ヒエショウ)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 逍遙散(ショウヨウサン)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


漢方薬(サ行)漢方薬| 

2014年05月02日

四苓湯(シレイトウ)

①.配合生薬
 沢瀉 (タクシャ)   :5~6g
 猪苓 (チョレイ)   :3~4.5g
 茯苓 (ブクリョウ)  :3~4.5g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3~4.5g

 これらに桂皮(ケイヒ)を加えたものを、五苓散(ゴレイサン)と言う。

②.効能
 嘔吐、吐き気、むくみ、腹痛、尿量減少のいずれかをともない、
 頭痛や発熱、のぼせの症状がみられない場合の
 暑気あたり、急性胃炎、むくみなどに用いられ、
 無駄な水分を取り除いたり、水分の循環を改善します。

③.適応症
 口の渇き (クチノカワキ)
 喉の渇き (ノドノカワキ)
 急性胃炎 (キュウセイイエン)
 むくみ  (ムクミ)

④.使用上の注意
 妊婦または妊娠している可能性のある女性は
 使用できない場合があります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 四苓湯(シレイトウ) の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


漢方薬(サ行)漢方薬| 
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ