2014年07月

2014年07月21日

スポンサードリンク
桂枝茯苓丸料加薏苡仁(ケイシブクリョウガンリョウカヨクイニン)

①.配合生薬
 桂皮  (ケイヒ)   :4g
 茯苓  (ブクリョウ) :4g
 牡丹皮 (ボタンピ)  :4g
 桃仁  (トウニン)  :4g
 芍薬  (シャクヤク) :4g
 薏苡仁 (ヨクイニン) :10~20g

②.効能
 比較的体力がある人の月経不順、月経困難、更年期障害、
 手足の肌荒れ、にきび、しみなどで、冷え、のぼせ、などの症状
 がある場合に用いられます。

③.適応症
 にきび   (ニキビ)
 肌荒れ   (ハダアレ)
 しみ    (シミ)
 月経不順  (ゲッケイフジュン)
 月経困難  (ゲッケイコンナン)
 更年期障害 (コウネンキショウガイ)

④.使用上の注意
 発疹やかゆみなどの過敏症状が現れることがあります。
 胃腸の弱い人、妊婦または妊娠している可能性のある女性、
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 桂枝茯苓丸料加薏苡仁(ケイシブクリョウガンリョウカヨクイニン)
 の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


2014年07月20日

荊防敗毒散(ケイボウハイドクサン)

①.配合生薬
 荊芥  (ケイガイ)   :1.5~2g
 防風  (ボウフウ)   :1.5~2g
 羌活  (キョウカツ)  :1.5g
 独活  (ドッカツ)   :1.5~2g
 柴胡  (サイコ)    :1.5~2g
 薄荷葉 (ハッカヨウ)  :1.5~2g
 連翹  (レンギョウ)  :1.5~2g
 桔梗  (キキョウ)   :1.5~2g
 枳殻  (キコク)    :1.5~2g
 川芎  (センキュウ)  :1.5~2g
 前胡  (ゼンコ)    :1.5~2g
 金銀花 (キンギンカ)  :1.5~2g
 甘草  (カンゾウ)   :1~1.5g
 生姜  (ショウキョウ) :1g

②.効能
 急性化膿性皮膚疾患の初期に用いられます。

③.適応症
 急性化膿性皮膚疾患 (キュウセイカノウセイヒフシッカン)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、妊婦または妊娠している可能性のある女性、
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 荊防敗毒散(ケイボウハイドクサン)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


2014年07月19日

桂麻各半湯(ケイマカクハントウ)

①.配合生薬
 桂皮 (ケイヒ)    :3~3.5g
 芍薬 (シャクヤク)  :2g
 生姜 (ショウキョウ) :2g
 甘草 (カンゾウ)   :2g
 麻黄 (マオウ)    :2g
 大棗 (タイソウ)   :2g
 杏仁 (キョウニン)  :2~2.5g

②.効能
 風邪、せき、かゆみ、などに用いられます。

③.適応症
 風邪症候群  (カゼショウコウグン)
 皮膚のかゆみ (ヒフノカユミ)
 せき     (セキ)

④.使用上の注意
 発疹やかゆみなどの過敏症状が現れることがあります。
 循環器系障害、排尿障害、重症高血圧症、甲状腺機能亢進症の人や胃腸の弱い人、
 体力の衰えている人、心臓に病気のある人、の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 桂麻各半湯(ケイマカクハントウ)の副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


2014年07月18日

鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)

①.配合生薬
 檳榔子 (ビンロウジ)  :4g
 木瓜  (モッカ)    :3g
 橘皮  (キッピ)    :2~3g
 桔梗  (キキョウ)   :2~3g
 茯苓  (ブクリョウ)  :4~6g
 呉茱萸 (ゴシュユ)   :1g
 蘇葉  (ソヨウ)    :1g
 生姜  (ショウキョウ) :1g

②.効能
 知覚が鈍って、足に倦怠感があり、むくみ、ふくらはぎに緊張、動悸、圧痛、など
 がある場合の脚気などに用いられます。

③.適応症
 脚気    (カッケ)
 足のむくみ (アシノムクミ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)の 副作用

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


2014年07月17日

外台四物湯(ゲダイシモツトウ)

①.配合生薬
 桔梗  (キキョウ)   :3g
 甘草  (カンゾウ)   :2g
 紫苑  (シオン)    :1.5g
 麦門冬 (バクモンドウ) :9g
 人参  (ニンジン)   :1.5g
 貝母  (バイモ)    :2.5g
 杏仁  (キョウニン)  :4.5g

②.効能
 喉が痛く、声が出せない風邪症候群、などに効果があり、
 よく用いられます。

③.適応症
 風邪症候群 (カゼショウコウグン)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 外台四物湯(ゲダイシモツトウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年07月16日

堅中湯(ケンチュウトウ) ①.配合生薬  半夏 (ハンゲ)   :5g  茯苓 (ブクリョウ) :5g  桂皮 (ケイヒ)   :4g  大棗 (タイソウ)  :3g  芍薬 (シャクヤク) :3g  乾姜 (カンキョウ) :1~3g  甘草 (カンゾウ)  :1~1.5g ②.効能  からだの虚弱な人の慢性胃炎、腹痛、など  に用いられます。 ③.適応症  慢性胃炎 (マンセイイエン)  腹痛   (フクツウ) ④.使用上の注意  高血圧の人、心臓に病気のある人、妊婦または妊娠している可能性のある女性  の服用は慎重を要します。  薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を  よく理解したうえで使用してください。 ⑤.副作用  堅中湯(ケンチュウトウ)の副作用  体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、  不快な症状や副作用が出る場合があります。  ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、  漢方の専門家や処方してくれた

2014年07月15日

甲字湯(コウジトウ)

①.配合生薬
 桂皮  (ケイヒ)    :4g
 茯苓  (ブクリョウ)  :4g
 牡丹皮 (ボタンピ)   :4g
 桃仁  (トウニン)   :4g
 芍薬  (シャクヤク)  :4g
 甘草  (カンゾウ)   :1.5g
 生姜  (ショウキョウ) :1g

②.効能
 体力が比較的あり、ときにめまい、のぼせ、
 下腹部痛、肩こり、足の冷え、など
 を伴う場合に用いられます。

③.適応症
 月経痛   (ゲッケイツウ)
 月経不順  (ゲッケイフジュン)
 更年期障害 (コウネンキショウガイ)
 血の道症  (チノミチショウ)
 肩こり   (カタコリ)
 めまい   (メマイ)
 しみ    (シミ)
 しもやけ  (シモヤケ)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 甲字湯(コウジトウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

 桂皮(ケイヒ)には、生薬の副作用として、
 薬疹(発疹・掻痒):発疹・皮膚発赤・掻痒・発熱、などの症状が
 現れることがあります。

 茯苓(ブクリョウ)には、生薬の副作用として、
 便秘を引き起こす場合があります。
 正常な便通の人には不適用です。

 桃仁(トウニン)には、生薬の副作用として、
 子宮収縮作用の為、流早産の危険性があり、妊娠中には服用しない方が良いです。

 牡丹皮(ボタンピ)には、生薬の副作用として、
 子宮収縮抑制作用の為、流早産の危険性があり、
 妊娠中には服用しない方が良いです。


2014年07月14日

香砂平胃散(コウシャヘイイサン)

①.配合生薬
 蒼朮  (ソウジュツ)  :4g
 厚朴  (コウボク)   :3g
 陳皮  (チンピ)    :3g
 大棗  (タイソウ)   :2g
 甘草  (カンゾウ)   :1g
 生姜  (ショウキョウ) :0.5~1g
 香附子 (コウブシ)   :2~4g
 縮砂  (シュクシャ)  :1.5~2g
 藿香  (カッコウ)   :1g

②.効能
 胃がもたれる傾向がある人の胃アトニー、食欲不振、など
 に用いられます。

③.適応症
 胃アトニー (イアトニー)
 食欲不振  (ショクヨクフシン)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 香砂平胃散(コウシャヘイイサン)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


2014年07月13日

香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)

①.配合生薬
 白朮  (ビャクジュツ) :3g
 茯苓  (ブクリョウ)  :3g
 蒼朮  (ソウジュツ)  :2g
 厚朴  (コウボク)   :2g
 陳皮  (チンピ)    :2g
 香附子 (コウブシ)   :2g
 白豆蒄 (ビャクズク)  :2g
 人参  (ニンジン)   :2g
 木香  (モッコウ)   :1.5g
 縮砂  (シュクシャ)  :1.5g
 甘草  (カンゾウ)   :1.5g
 大棗  (タイソウ)   :1.5g
 生姜  (ショウキョウ) :1g

②.効能
 慢性胃炎、慢性腸炎、胃アトニー、などに用いられます。

③.適応症
 慢性胃炎  (マンセイイエン)
 慢性腸炎  (マンセイチョウエン)
 胃アトニー (イアトニー)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、妊婦または妊娠している可能性のある女性
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

 茯苓(ブクリョウ)には、生薬副作用として、の
 便秘を引き起こす場合があります。
 正常な便通の人には不適用です。


2014年07月12日

香砂六君子湯(コウシャリックンシトウ)

①.配合生薬
 人参  (ニンジン)   :2~4g
 蒼朮  (ソウジュツ)または、
 白朮  (ビャクジュツ) :3~4g
 茯苓  (ブクリョウ)  :3~4g
 半夏  (ハンゲ)    :3~4g
 陳皮  (チンピ)    :2~4g
 大棗  (タイソウ)   :2g
 甘草  (カンゾウ)   :1~1.5g
 生姜  (ショウキョウ) :1~2g
 香附子 (コウブシ)   :2g
 藿香  (カッコウ)   :1~2g
 縮砂  (シュクシャ)  :1~2g

②.効能
 胃腸が弱く、血圧が低く、食欲がなく、みぞおちがつかえやすく、
 手足が冷えやすい場合に用いられます。

③.適応症
 胃炎    (イエン)
 胃アトニー (イアトニー)
 胃下垂   (イカスイ)
 消化不良  (ショウカフリョウ)
 食欲不振  (ショクヨクフシン)
 嘔吐    (オウト)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、妊婦または妊娠している可能性のある女性
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 君子湯(コウシャリックンシトウ) の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

 茯苓(ブクリョウ)には、生薬の副作用として、
 便秘を引き起こす場合があります。
 正常な便通の人には不適用です。



タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ