2014年09月

2014年09月30日

スポンサードリンク
黄連阿膠湯(オウレンアキョウトウ)

①.配合生薬
 黄連 (オウレン)  :3~4g
 芍薬 (シャクヤク) :2~2.5g
 黄芩 (オウゴン)  :2g
 阿膠 (アキョウ)  :3g
 卵黄 (ランオウ)  :1個

②.効能
 冷え症で不眠症やのぼせの傾向にある人の鼻出血
 乾燥してかさかさになった皮膚のかゆみ不眠症、など
 に用いられます。

③.適応症
 鼻出血    (ビシュッケツ)
 皮膚のかゆみ (ヒフノカユミ)
 不眠症    (フミンショウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 黄連阿膠湯(オウレンアキョウトウの 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


2014年09月29日

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)

①.配合生薬
 黄連  (オウレン) :1.5~2g
 黄柏  (オウバク) :1.5~3g
 黄芩  (オウゴン) :3g
 山梔子 (サンシシ) :2~3g

②.効能
 比較的体力があり、口が渇き、のぼせ気味で顔色が赤く、
 イライラなどの神経症状がある場合の
 吐血鼻出血下血動悸脳出血高血圧
 不眠症胃炎二日酔い、など
 に用いられます。

③.適応症
 高血圧     (コウケツアツ)
 胸やけ     (ムネヤケ)
 不眠症     (フミンショウ)
 二日酔い    (フツカヨイ)
 吐血      (トケツ)
 鼻出血     (ビシュッケツ)
 下血      (ゲケツ)
 動悸      (ドウキ)
 脳出血     (ノウシュッケツ)
 心不全     (シンフゼン)
 胃炎      (イエン)
 認知症     (ニンチショウ)
 パーキンソン病 (パーキンソンビョウ)

④.使用上の注意
 体力の衰えが激しい場合、全身倦怠や下痢などの症状が
 現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

⑤.副作用
 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

⑥.概要
 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)は、
 赤く盛り上がった湿疹や水泡をつぶすと汁が出るような、ジュクジュクした
 アトピーに用いられます。


2014年09月28日

黄連湯(オウレントウ)

①.配合生薬
 黄連 (オウレン)  :3g
 甘草 (カンゾウ)  :3g
 乾姜 (カンキョウ) :1~3g
 人参 (ニンジン)  :2~3g
 桂皮? (ケイヒ?)   :3g
 大棗 (タイソウ)  :3g
 半夏 (ハンゲ)   :5~6g

②.効能
 急性胃炎、二日酔い、消化不良、口内炎などで、
 胃部の重圧感、食欲不振、口臭、吐き気、嘔吐、腹痛、
 などの症状がある場合に用いられます。

③.適応症
 口内炎  (コウナイエン)
 口臭   (コウシュウ)
 胸やけ  (ムネヤケ)
 二日酔い (フツカヨイ)
 急性胃炎 (キュウセイイエン)
 消化不良 (ショウカフリョウ)

④.使用上の注意
 発疹やかゆみなどの過敏症状が現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

⑤.副作用
 黄連湯(オウレントウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年09月27日

乙字湯(オツジトウ)

①.配合生薬
 当帰 (トウキ)  :4~6g
 柴胡 (サイコ)  :4~5g
 黄芩 (オウゴン) :3g
 甘草 (カンゾウ) :2~3g
 升麻 (ショウマ) :1~2g
 大黄 (ダイオウ) :0.5~1.5g

②.効能
 体力のある人で痔、脱肛などで、
 便がかたく、便秘がちの場合、など
 に用いられます。

③.適応症
 便秘 (ベンピ)
 痔  (ジ)
 脱肛 (ダッコウ)

④.使用上の注意
 下痢をする傾向がある人、妊婦または妊娠している可能性のある女性、
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

⑤.副作用
 乙字湯(オツジトウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう


2014年09月26日

乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)

①.配合生薬
 当帰 (トウキ)  :4~6g
 柴胡 (サイコ)  :4~5g
 黄芩 (オウゴン) :3g
 甘草 (カンゾウ) :2~3g
 升麻 (ショウマ) :1~2g

②.効能
 便秘の傾向があり、大便が硬い場合の
 便秘、痔などの改善に効果があり、
 よく用いられます。

③.適応症
 便秘 (ベンピ)
 痔  (ジ)
 脱肛 (ダッコウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

⑤.副作用
 乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウの 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年09月25日

解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)

①.配合生薬
 蜀椒 (ショクショウ) :2g
 甘草 (カンゾウ)   :1.5g
 乾姜 (カンキョウ)  :1.5g
 人参 (ニンジン)   :3g
 大棗 (タイソウ)   :3g
 附子 (ブシ)     :1g
 粳米 (コウベイ)   :8g
 半夏 (ハンゲ)    :5g

 解急蜀椒湯は、
  大建中湯(ダイケンチュウトウ)
  附子粳米湯(ブシコウベイトウ)
 2つを、合わせたもの。

②.効能
 お腹が張って、ゴロゴロ鳴りときに嘔吐を伴う場合や、
 腹部が冷えて激しく痛む場合の
 急性胃炎、急性腸炎、冷え腹、など
 に用いられます。

③.適応症
 急性胃炎 (キュウセイイエン)
 急性腸炎 (キュウセイチョウエン)
 冷え腹  (ヒエバラ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書等を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

⑤.副作用
 解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

⑥.概要
 解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)は、
 急性胃炎、急性腸炎、冷え腹、腹痛、急性胃腸炎、などの治療薬です。
 腹部に寒冷を覚えて、疼痛が激甚なる場合に用いられる。

 同様な漢方薬として、
 大建中湯(ダイケンチュウトウ)は、蠕動不安による疼痛を主とし、
 附子粳米湯(ブシコウベイトウ)は、腹中が雷鳴しての疼痛を主とする。
 この2つをあわせて作った漢方薬が、解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)で、
 両方の證が合併して現われた場合に用いる。



2014年09月24日

解労湯(カイロウトウ)

①.配合生薬

 湯剤の際
 柴胡 (サイコ)    :2~5g
 芍薬 (シャクヤク)  :2~4g
 枳実 (キジツ)    :2g
 甘草 (カンゾウ)   :1~2g
 鼈甲 (ベッコウ)   :4g
 茯苓 (ブクリョウ)  :2g
 大棗 (タイソウ)   :2g
 生姜 (ショウキョウ) :1g

 散剤の際
 柴胡 (サイコ)    :1.5~2g
 芍薬 (シャクヤク)  :1.5~2g
 枳実 (キジツ)    :1.5~2g
 甘草 (カンゾウ)   :1.5~2g
 鼈甲 (ベッコウ)   :4g
 茯苓 (ブクリョウ)  :2g
 大棗 (タイソウ)   :2g
 生姜 (ショウキョウ) :1g

②.効能
 虚弱ではない人に用いられるもので、
 不安があり、胸部の苦しさがある場合の
 腹痛、胃炎、胃痛、など
 に用いられます。

③.適応症
 腹痛 (フクツウ)
 胃炎 (イエン)
 胃痛 (イツウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 解労湯(カイロウトウの 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年09月23日

加減涼隔散(カゲンリョウカクサン)

①.配合生薬
 連翹  (レンギョウ) :2g
 黄芩  (オウゴン)  :2g
 山梔子 (サンシシ)  :2g
 桔梗  (キキョウ)  :2g
 黄連  (オウレン)  :2g
 薄荷  (ハッカ)   :2g
 当帰  (トウキ)   :2g
 枳殻  (キコク)   :2g
 芍薬  (シャクヤク) :2g
 地黄  (ジオウ)   :2g
 甘草  (カンゾウ)  :1.5g

②.効能
 比較的体力があり、胃腸の調子がすぐれない場合の
 口内炎、口腔の炎症、
 に用いられます。

③.適応症
 口内炎   (コウナイエン)
 口腔の炎症 (コウクウノエンショウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 加減涼隔散(カゲンリョウカクサン)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年09月22日

化食養脾湯(カショクヨウヒトウ)

①.配合生薬
 人参  (ニンジン)   :2~4g
 蒼朮  (ソウジュツ)または、
 白朮  (ビャクジュツ) :3~4g
 茯苓  (ブクリョウ)  :3~4g
 半夏  (ハンゲ)    :3~4g
 陳皮  (チンピ)    :2~4g
 大棗  (タイソウ)   :2g
 甘草  (カンゾウ)   :1~1.5g
 生姜  (ショウキョウ) :1~2g
 神麹  (シンギク)   :2g
 麦芽  (バクガ)    :2g
 山査子 (サンザシ)   :2g
 縮砂  (シュクシャ)  :1.5g

②.効能
 食欲がない、胃腸が弱い、疲れやすい、
 みぞおちがつかえる、手や足が冷えやすい場合、
 に用いられます。

③.適応症
 胃アトニー (イアトニー)
 胃炎    (イエン)
 胃下垂   (イカスイ)
 消化不良  (ショウカフリョウ)
 食欲不振  (ショクヨクフシン)
 嘔吐    (オウト)
 胃痛    (イツウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 化食養脾湯(カショクヨウヒトウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年09月21日

膈下逐瘀湯(カッカチクオトウ)

①.配合生薬
 五霊脂 (ゴレイシ)  :9g
 当帰  (トウキ)   :9g
 川芎  (センキュウ) :6g
 桃仁  (トウニン)  :9g
 丹皮  (タンピ)   :6g
 烏薬  (ウヤク)   :6g
 延胡索 (エンゴサク) :3g
 甘草  (カンゾウ)  :9g
 香附子 (コウブシ)  :3g
 紅花  (コウカ)   :9g
 枳殻  (カラタチ)  :5g

②.効能
 活血行気、袪瘀通絡、通痺止痛、の作用があり、
 気血痺阻経絡による肩痛、臂痛、腰痛、腿痛、
 あるいは長く治せず全身痛、
 に用いられます。

③.適応症
 瘀血痺阻による肢体痺痛 (シタイシビツウ)
 瘀血痺阻による関節痛  (カンセツツウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 膈下逐瘀湯(カッカチクオトウの 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



タグクラウド
アクセスカウンター

商品紹介

  • ライブドアブログ