2014年09月

2014年09月20日

スポンサードリンク
藿香正気散(カッコウショウキサン)

①.配合生薬
 白朮  (ビャクジュツ) :3g
 半夏  (ハンゲ)    :3g
 茯苓  (ブクリョウ)  :3g
 厚朴  (コウボク)   :2g
 陳皮  (チンピ)    :2g
 桔梗  (キキョウ)   :1.5g
 白芷  (ビャクシ)   :1~1.5g
 藿香  (カッコウ)   :1g
 大腹皮 (ダイフクヒ)  :1g
 大棗  (タイソウ)   :1~2g
 生姜  (ショウキョウ) :1g
 甘草  (カンゾウ)   :1g

②.効能
 暑さによる食欲不振、夏の風邪、下痢、など
 に用いられます。

③.適応症
 風邪症候群 (カゼショウコウグン)
 食欲不振  (ショクヨクフシン)
 下痢    (ゲリ)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性、
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 藿香正気散(カッコウショウキサン)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年09月19日

葛根黄連黄芩湯(カッコンオウレンオウゴントウ) ①.配合生薬  葛根 (カッコン) :5~6g  黄連 (オウレン) :3g  黄芩 (オウゴン) :3g  甘草 (カンゾウ) :2g  蘇葉 (ソヨウ)  :1g ②.効能  急性胃炎、急性腸炎、肩こり、口内炎、不眠症、など  に用いられます。 ③.適応症  急性胃炎 (キュウセイイエン)  急性腸炎 (キュウセイチョウエン)  肩こり  (カタコリ)  口内炎  (コウナイエン)  不眠症  (フミンショウ) ④.使用上の注意  高血圧の人、心臓に病気のある人、  妊婦または妊娠している可能性のある女性、  の服用は慎重を要します。  薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を  よく理解したうえで使用してください。 ⑤.副作用  葛根黄連黄芩湯(カッコンオウレンオウゴントウ)の 副作用  体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、  不快な症状や副作用が出る場合があります。  ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、  漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

2014年09月17日

葛根加朮附湯(カッコンカジュツブトウ)

①.配合生薬
 葛根 (カッコン)   :8g
 蒼朮 (ソウジュツ)  :4g
 麻黄 (マオウ)    :4g
 生姜 (ショウキョウ) :1g
 大棗 (タイソウ)   :4g
 桂皮? (ケイヒ?)    :3g
 甘草 (カンゾウ)   :2g
 芍薬 (シャクヤク)  :3g
 附子 (ブシ)     :2g

②.効能
 比較的体力のある人で肩こり、肩甲部の神経痛、
 上半身の関節リウマチで、寒け、発熱、頭痛があり、
 頸部や肩背部に緊張感がある場合
 に用いられます。

③.適応症
 頭痛     (ズツウ)
 関節リウマチ (カンセツリウマチ)
 神経痛    (シンケイツウ)
 肩こり    (カタコリ)

④.使用上の注意
 のぼせが強く、赤ら顔の人、妊婦または妊娠している可能性のある女性、
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 葛根加朮附湯(カッコンカジュツブトウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

⑥.概要
 葛根加朮附湯(カッコンカジュツブトウ)は、
 葛根湯(カッコントウ)に、蒼朮(ソウジュツ)附子(ブシ)
 加えた方剤で、より寒証、湿証向けです。



葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)

①.配合生薬
 葛根  (カッコン)  :3g
 芍薬  (シャクヤク) :3g
 地黄  (ジオウ)   :3g
 黄連  (オウレン)  :1.5g
 山梔子 (サンシシ)  :1.5g
 紅花  (コウカ)   :1g
 大黄  (ダイオウ)  :0.5~1g
 甘草  (カンゾウ)  :1g

②.効能
 しみ、鼻や鼻の周辺が赤くなる「酒さ(シュサ)」など
 に用いられます。

③.適応症
 しみ (シミ)
 酒さ (シュサ)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、胃腸の弱い人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性、
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 葛根紅花湯(カッコンコウカトウの 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年09月16日

葛根湯(カッコントウ)

①.配合生薬
 葛根 (カッコン)  :8g
 麻黄 (マオウ)   :4g
 大棗 (タイソウ)  :4g
 桂皮? (ケイヒ?)   :3g
 芍薬 (シャクヤク) :3g
 甘草 (カンゾウ)  :2g
 生姜 (ショウキョウ):1g

 or
 葛根 (カッコン)  :4g
 麻黄 (マオウ)   :3g
 大棗 (タイソウ)  :3g
 桂皮? (ケイヒ?)   :2g
 芍薬 (シャクヤク) :2g
 甘草 (カンゾウ)  :2g
 生姜 (ショウキョウ):1g

②.効能
 比較的体力のある人で、
 自然発汗がなく頭痛、発熱、寒け、風邪、初期の熱性疾患、
 または鼻炎、結膜炎・扁桃炎、肩こり、じんましん、湿疹、
 上半身の炎症性疾患、などに用いられます。

③.適応症
 頭痛       (ズツウ)
 発熱       (ハツネツ)
 扁桃炎      (ヘントウエン)
 慢性扁桃炎    (マンセイヘントウエン)
 咽頭炎     (イントウエン)
 風邪症候群    (カゼショウコウグン)
 肩こり      (カタコリ)
 五十肩      (ゴジュウカタ)
 アレルギー性鼻炎 (アレルギーセイビエン)
 花粉症      (カフンショウ)
 鼻炎       (ビエン)
 結膜炎     (ケツマクエン)
 じんましん    (ジンマシン)
 湿疹       (シッシン)

④.使用上の注意
 胃腸が虚弱な場合、体力の衰えが激しい場合、の服用は
 慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 葛根湯(カッコントウ)の 副作用
 偽アルドステロン症(筋肉痛、血圧上昇、低カリウム血症、倦怠感)、
 皮疹(そう痒性出血性丘疹、紅斑、微熱)の症状が現れることがあります。
 また、頻尿や残尿感といった膀胱炎のような症状が表れることがあります。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

⑥.概要
 葛根湯(カッコントウ)は、
 体力ある人で発熱悪風し項から背にかけて凝り汗がでていない時の風邪の初期・
 中耳炎・扁桃腺炎・蓄膿症などに用います。



2014年09月15日

葛根湯加川芎辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)

①.配合生薬
 葛根 (カッコン)   :8g
 麻黄 (マオウ)    :4g
 大棗 (タイソウ)   :4g
 桂皮? (ケイヒ?)    :3g
 芍薬 (シャクヤク)  :3g
 甘草 (カンゾウ)   :2g
 生姜 (ショウキョウ) :1g
 川芎 (センキュウ)  :2~3g
 辛夷 (シンイ)    :2~3g

 or
 葛根 (カッコン)   :4g
 麻黄 (マオウ)    :3g
 大棗 (タイソウ)   :3g
 桂皮? (ケイヒ?)    :2g
 芍薬 (シャクヤク)  :2g
 甘草 (カンゾウ)   :2g
 生姜 (ショウキョウ) :1g
 川芎 (センキュウ)  :2~3g
 辛夷 (シンイ)    :2~3g

②.効能
 比較的体力のある人の慢性副鼻腔炎(蓄膿症)や鼻炎、などで、
 慢性的な鼻づまりがある場合に用いられます。

③.適応症
 慢性副鼻腔炎   (マンセイフクビクウエン)
 慢性蓄膿症    (マンセイチクノウショウ)
 アレルギー性鼻炎 (アレルギーセイビエン)
 鼻炎       (ビエン)
 花粉症      (カフンショウ)

④.使用上の注意
 循環器系障害、虚弱体質の人、胃腸が著しく弱い人、
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 葛根湯加川芎辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年09月13日

加味温胆湯(カミウンタントウ)

①.配合生薬
 半夏  (ハンゲ)    :4~6g
 茯苓  (ブクリョウ)  :4~6g
 生姜  (ショウキョウ) :3g
 陳皮  (チンピ)    :2~3g
 竹筎  (チクジョ)   :2~3g
 枳実  (キジツ)    :1~2g
 甘草  (カンゾウ)   :1~2g
 遠志  (オンジ)    :2g
 玄参  (ゲンジン)   :2g
 人参  (ニンジン)   :2g
 地黄  (ジオウ)    :2g
 黄連  (オウレン)   :1g
 酸棗仁 (サンソウニン) :3g
 大棗  (タイソウ)   :2g

②.効能
 神経症、不眠症、などに
 用いられます。

③.適応症
 神経症 (シンケイショウ)
 不眠症 (フミンショウ)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 加味温胆湯(カミウンタントウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年09月12日

加味帰脾湯(カミキヒトウ)

①.配合生薬
 人参  (ニンジン)    :2~3g
 白朮  (ビャクジュツ)  :2~3g
 茯苓  (ブクリョウ)   :2~3g
 酸棗仁 (サンソウニン)  :2~3g
 竜眼肉 (リュウガンニク) :2~3g
 黄耆  (オウギ)     :2~3g
 当帰  (トウキ)     :2g
 遠志  (オンジ)     :1~2g
 大棗  (タイソウ)    :1~2g
 生姜  (ショウキョウ)  :1~1.5g
 柴胡  (サイコ)     :3g
 山梔子 (サンシシ)    :2g
 牡丹皮 (ボタンピ)    :2g

②.効能
 虚弱体質で血色が悪い人の、
 貧血、動悸、不眠症、精神不安、神経症、など
 に用いられます。

③.適応症
 自律神経失調症 (ジリツシンケイシッチョウショウ)
 不眠症     (フミンショウ)
 貧血      (ヒンケツ)
 動悸      (ドウキ)
 神経症     (シンケイショウ)
 精神不安    (セイシンフアン)

④.使用上の注意
 腹痛、食欲不振、胃部不快感などの症状が現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
  加味帰脾湯(カミキヒトウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


2014年09月11日

加味解毒湯(カミゲドクトウ

①.配合生薬
 黄連  (オウレン)   :2g
 黄芩  (オウゴン)   :2g
 黄柏  (オウバク)   :2g
 山梔子 (サンシシ)   :2g
 柴胡  (サイコ)    :2g
 茵蔯蒿 (インチンコウ) :2g
 竜胆  (リュウタン)  :2g
 木通  (モクツウ)   :2g
 滑石  (カッセキ)   :3g
 升麻  (ショウマ)   :1.5g
 甘草  (カンゾウ)   :1.5g
 燈心草 (トウシンソウ) :1.5g
 大黄  (ダイオウ)   :1.5g

②.効能
 比較的体力のあり、血色の良い人の
 排尿困難、痔、痔出血、など
 に用いられます。

③.適応症
 排尿困難 (ハイニョウコンナン)
 痔    (ジ)
 痔出血  (ジシュッケツ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 加味解毒湯(カミゲドクトウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



2014年09月10日

響声破笛丸(キョウセイハテキガン)

①.配合生薬
 連翹  (レンギョウ) :2.5g
 桔梗  (キキョウ)  :2.5g
 甘草  (カンゾウ)  :2.5g
 縮砂  (シュクシャ) :1g
 川芎  (センキュウ) :1g
 訶子  (カシ)    :1g
 阿仙薬 (アセンヤク) :2g
 薄荷葉 (ハッカヨウ) :4g
 大黄  (ダイオウ)  :1g

②.効能
 喉の不快感などに用いられます。

③.適応症
 喉の不快感 (ノドノフカイカン)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、胃腸の弱い人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性、
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 響声破笛丸(キョウセイハテキガン)の副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ