2014年05月19日

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

スポンサードリンク
十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

①.配合生薬
 柴胡 (サイコ)    :2~3g
 桜皮 (オウヒ)    :2~3g
 桔梗 (キキョウ)   :2~3g
 川芎 (センキュウ)  :2~3g
 茯苓 (ブクリョウ)  :2~4g
 独活 (ドッカツ)   :1.5~3g
 防風 (ボウフウ)   :1.5~3g
 甘草 (カンゾウ)   :1~1.5g
 生姜 (ショウキョウ) :1~3g
 荊芥 (ケイガイ)   :1~1.5g
 連翹 (レンギョウ)  :2~3g

②.効能
 体力中等度の人で、化膿性の皮膚疾患および急性皮膚疾患の初期、
 にきび、じんましん、水虫などに用いられます。

③.適応症
 アトピー性皮膚炎 (アトピーセイヒフエン)
 にきび      (ニキビ)
 おでき      (オデキ)
 主婦湿疹     (シュフシッシン)
 発疹       (ホッシン)
 じんましん    (ジンマシン)
 水虫       (ミズムシ)

④.使用上の注意
 体力のない人で、発疹の悪化や胃の不快感などの症状が
 現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)の 副作用
 肝障害(倦怠感など)の症状が現れることがあります。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。




タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ