2014年06月11日

滋陰降火湯(ジインコウカトウ)

スポンサードリンク
滋陰降火湯(ジインコウカトウ)

①.配合生薬
 当帰  (トウキ)    :2.5g
 芍薬  (シャクヤク)  :2.5g
 地黄  (ジオウ)    :2.5g
 天門冬 (テンモンドウ) :2.5g
 麦門冬 (バクモンドウ) :2.5g
 陳皮  (チンピ)    :2.5g
 蒼朮  (ソウジュツ)または、
 白朮  (ビャクジュツ) :3.0g
 知母  (チモ)     :1.5g
 黄柏  (オウバク)   :1.5g
 甘草  (カンゾウ)   :1.5g
 大棗  (タイソウ)   :1.0g
 生姜  (ショウキョウ) :1.0g

②.効能
 体力の低下した人で、喉にうるおいがなく、
 たんが出にくく、激しくせきこむ、場合など
 に用いられます。

③.適応症
 気管支炎 (キカンシエン)

④.使用上の注意
 下痢、食欲不振、胃部不快感、などの症状が、
 現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 滋陰降火湯(ジインコウカトウ)の副作用

 地黄(ジオウ)には、生薬の副作用として、
 胃もたれ・胃痛・吐気・嘔吐・下痢・胸焼け・食欲不振、など、
 胃腸障害を招く事があります。
 胃腸の弱い人には向いていない漢方薬です。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。




タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ