2014年07月09日

杞菊地黄丸(コギクジオウガン)

スポンサードリンク
杞菊地黄丸(コギクジオウガン)

①.配合生薬
 湯剤の際
 地黄  (ジオウ)   :5~6g
 山茱萸 (サンシュユ) :3g
 山薬  (サンヤク)  :3g
 沢瀉  (タクシャ)  :3g
 茯苓  (ブクリョウ) :3g
 牡丹皮 (ボタンピ)  :3g
 枸杞子 (クコシ)   :12g
 菊花  (キクカ)   :9g

②.効能
 疲れやすく、尿量が多くなったり少なくなったり、
 ときに口渇がある人、
 に用いられます。

③.適応症
 眼精疲労 (ガンセイヒロウ)
 かすみ目 (カスミメ)
 めまい  (メマイ)
 のぼせ  (ノボセ)
 むくみ  (ムクミ)
 排尿困難 (ハイニョウコンナン)
 頻尿   (ヒンニョウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 杞菊地黄丸(コギクジオウガン)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

 地黄(ジオウ)には、生薬の副作用として、
 胃もたれ・胃痛・吐気・嘔吐・下痢・胸焼け・食欲不振、など、
 胃腸障害を招く事があります。
 胃腸の弱い人には向いていない漢方薬です。

 茯苓(ブクリョウ)には、生薬の副作用として、
 便秘を引き起こす場合があります。
 正常な便通の人には不適用です。




タグクラウド
アクセスカウンター

商品紹介

  • ライブドアブログ