2014年07月11日

香蘇散(コウソサン)

スポンサードリンク
香蘇散(コウソサン)

①.配合生薬
 香附子 (コウブシ)   :3.5~6g
 蘇葉  (ソヨウ)    :1~2g
 陳皮  (チンピ)    :2~3g
 甘草  (カンゾウ)   :1~1.5g
 生姜  (ショウキョウ) :1~2g

②.効能
 胃腸が弱く神経質で気分がすぐれない人の風邪の初期症状に用いられます。
 神経質で、食欲不振、頭痛、めまい、耳鳴りなどの症状をともなう場合の
 風邪、頭痛、じんましん、神経衰弱、更年期障害、などに
 用いられます。

③.適応症
 風邪症候群 (カゼショウコウグン)
 じんましん (ジンマシン)
 うつ    (ウツ)
 更年期障害 (コウネンキショウガイ)

④.使用上の注意
 低カリウム血症の人、アルドステロン症の人、ミオパシーのある人は、
 使用できないこともあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 香蘇散(コウソサン)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

 附子(ブシ)には、生薬の副作用として、
 動悸・のぼせ・舌や口周囲のしびれ・悪心・嘔気・嘔吐・呼吸困難、など
 の症状が出現することがあります。

 甘草(カンゾウ)には、生薬の副作用として、
 偽アルドステロン症(浮腫・高血圧・むくみ・低カリウム症)、
 血圧上昇、ミオパシー、の症状が現れることがあります。
 また、インターフェロンとの併用で、間質性肺炎を起こす危険性が
 ありますので、注意してください。



漢方薬(カ行)漢方薬│ 
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ