2014年08月10日

鶏肝丸(ケイカンガン)

スポンサードリンク
鶏肝丸(ケイカンガン)

①.配合生薬
 鶏肝 (ケイカン)
 山薬 (サンヤク) :乾燥した鶏肝の2~3倍の量

②.効能
 虚弱体質の改善に用いられます。

③.適応症
 虚弱体質 (キョジャクタイシツ)

④.使用上の注意
 過去にこの薬で、発疹やかゆみなどの過敏症状が現れたことがある人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性
 の服用は慎重を要します。
 あらかじめ薬剤師にその旨を相談するようにしてください。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書等を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

⑤.副作用
 鶏肝丸(ケイカンガン)の副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



漢方薬(カ行)漢方薬│ 
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ