2014年08月31日

甘草附子湯(カンゾウブシトウ)

スポンサードリンク
甘草附子湯(カンゾウブシトウ)

①.配合生薬
 甘草 (カンゾウ)   :2g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :6g
 桂皮 (ケイヒ)    :3.5g
 附子 (ブシ)     :1g

②.効能
 体力が低下している人の
 関節リウマチ、関節痛、神経痛、など
 に効果があり、よく用いられます。

③.適応症
 関節リウマチ (カンセツリウマチ)
 関節痛    (カンセツツウ)
 神経痛    (シンケイツウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 甘草附子湯(カンゾウブシトウ)の 副作用
 甘草(カンゾウ)には、生薬の副作用として、
 浮腫・高血圧・血圧上昇・むくみ・低カリウム症・偽アルドステロン症、
 の症状が現れることがあります。
 また、インターフェロンとの併用で、間質性肺炎を起こす危険性がありますので、
 注意してください。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。




タグクラウド
アクセスカウンター

商品紹介

  • ライブドアブログ