2014年09月16日

葛根湯(カッコントウ)

スポンサードリンク
葛根湯(カッコントウ)

①.配合生薬
 葛根 (カッコン)  :8g
 麻黄 (マオウ)   :4g
 大棗 (タイソウ)  :4g
 桂皮? (ケイヒ?)   :3g
 芍薬 (シャクヤク) :3g
 甘草 (カンゾウ)  :2g
 生姜 (ショウキョウ):1g

 or
 葛根 (カッコン)  :4g
 麻黄 (マオウ)   :3g
 大棗 (タイソウ)  :3g
 桂皮? (ケイヒ?)   :2g
 芍薬 (シャクヤク) :2g
 甘草 (カンゾウ)  :2g
 生姜 (ショウキョウ):1g

②.効能
 比較的体力のある人で、
 自然発汗がなく頭痛、発熱、寒け、風邪、初期の熱性疾患、
 または鼻炎、結膜炎・扁桃炎、肩こり、じんましん、湿疹、
 上半身の炎症性疾患、などに用いられます。

③.適応症
 頭痛       (ズツウ)
 発熱       (ハツネツ)
 扁桃炎      (ヘントウエン)
 慢性扁桃炎    (マンセイヘントウエン)
 咽頭炎     (イントウエン)
 風邪症候群    (カゼショウコウグン)
 肩こり      (カタコリ)
 五十肩      (ゴジュウカタ)
 アレルギー性鼻炎 (アレルギーセイビエン)
 花粉症      (カフンショウ)
 鼻炎       (ビエン)
 結膜炎     (ケツマクエン)
 じんましん    (ジンマシン)
 湿疹       (シッシン)

④.使用上の注意
 胃腸が虚弱な場合、体力の衰えが激しい場合、の服用は
 慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 葛根湯(カッコントウ)の 副作用
 偽アルドステロン症(筋肉痛、血圧上昇、低カリウム血症、倦怠感)、
 皮疹(そう痒性出血性丘疹、紅斑、微熱)の症状が現れることがあります。
 また、頻尿や残尿感といった膀胱炎のような症状が表れることがあります。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

⑥.概要
 葛根湯(カッコントウ)は、
 体力ある人で発熱悪風し項から背にかけて凝り汗がでていない時の風邪の初期・
 中耳炎・扁桃腺炎・蓄膿症などに用います。




タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ