2014年09月25日

解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)

スポンサードリンク
解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)

①.配合生薬
 蜀椒 (ショクショウ) :2g
 甘草 (カンゾウ)   :1.5g
 乾姜 (カンキョウ)  :1.5g
 人参 (ニンジン)   :3g
 大棗 (タイソウ)   :3g
 附子 (ブシ)     :1g
 粳米 (コウベイ)   :8g
 半夏 (ハンゲ)    :5g

 解急蜀椒湯は、
  大建中湯(ダイケンチュウトウ)
  附子粳米湯(ブシコウベイトウ)
 2つを、合わせたもの。

②.効能
 お腹が張って、ゴロゴロ鳴りときに嘔吐を伴う場合や、
 腹部が冷えて激しく痛む場合の
 急性胃炎、急性腸炎、冷え腹、など
 に用いられます。

③.適応症
 急性胃炎 (キュウセイイエン)
 急性腸炎 (キュウセイチョウエン)
 冷え腹  (ヒエバラ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書等を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

⑤.副作用
 解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)の 副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

⑥.概要
 解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)は、
 急性胃炎、急性腸炎、冷え腹、腹痛、急性胃腸炎、などの治療薬です。
 腹部に寒冷を覚えて、疼痛が激甚なる場合に用いられる。

 同様な漢方薬として、
 大建中湯(ダイケンチュウトウ)は、蠕動不安による疼痛を主とし、
 附子粳米湯(ブシコウベイトウ)は、腹中が雷鳴しての疼痛を主とする。
 この2つをあわせて作った漢方薬が、解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)で、
 両方の證が合併して現われた場合に用いる。




タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ