漢方薬(サ行)

2014年06月20日

スポンサードリンク
柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)

①.配合生薬
 人参 (ニンジン)   :2~4g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3~4g
 茯苓 (ブクリョウ)  :3~4g
 半夏 (ハンゲ)    :3~4g
 陳皮 (チンピ)    :2~4g
 大棗 (タイソウ)   :2g
 甘草 (カンゾウ)   :1~1.5g
 生姜 (ショウキョウ) :1~2g
 柴胡 (サイコ)    :3~4g
 芍薬 (シャクヤク)  :3g

②.効能
 胃腸が弱く、貧血、みぞおちのつかえ、冷え症、食欲不振、
 の場合に用いられます。

③.適応症
 胃炎    (イエン)
 胃アトニー (イアトニー)
 胃下垂   (イカスイ)
 消化不良  (ショウカフリョウ)
 食欲不振  (ショクヨクフシン)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、妊婦または妊娠している可能性のある女性
 の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)の副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



 

2014年06月19日

柴蘇飲(サイソイン)

①.配合生薬
 柴胡  (サイコ)    :4~7g
 半夏  (ハンゲ)    :4~5g
 生姜  (ショウキョウ) :4g
 黄芩  (オウゴン)   :3g
 大棗  (タイソウ)   :2~3g
 人参  (ニンジン)   :2~3g
 甘草  (カンゾウ)   :2g
 香附子 (コウブシ)   :4g
 蘇葉  (ソヨウ)    :1.5g
 陳皮  (チンピ)    :2g

②.効能
 耳鳴り、耳が詰まった感じがする「耳閉感」などに用いられます。

③.適応症
 耳鳴り (ミミナリ)
 耳閉感 (ジヘイカン)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 柴蘇飲(サイソイン)の副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



 

2014年06月18日

柴朴湯(サイボクトウ)

①.配合生薬
 柴胡 (サイコ)    :4~7g
 半夏 (ハンゲ)    :5~6g
 生姜 (ショウキョウ) :3~4g
 黄芩 (オウゴン)   :3g
 大棗 (タイソウ)   :2~3g
 人参 (ニンジン)   :2~3g
 甘草 (カンゾウ)   :2g
 茯苓 (ブクリョウ)  :5g
 厚朴 (コウボク)   :3g
 蘇葉 (ソヨウ)    :2g

②.効能
 気分がふさいで喉や食道部に異物感があり、
 動悸、吐き気、めまいなどをともなう場合の
 気管支喘息、気管支炎、せき、不安神経症、など
 に用いられます。

③.適応症
 気管支炎    (キカンシエン)
 気管支喘息   (キカンシゼンソク)
 自律神経失調症 (ジリツシンケイシッチョウショウ)
 不安神経症   (フアンシンケイショウ)

④.使用上の注意
 妊婦または妊娠している可能性のある女性は
 使用できない場合があります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書等を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

⑤.副作用
 柴朴湯(サイボクトウ)の 副作用
 膀胱炎様症状(頻尿、排尿痛〕、PIE症候群(そう痒、関節痛、咳、発熱、胸痛)、
 間質性肺炎(咳、発熱、息切れ、肺炎など)の症状が現れることがあります。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


 

2014年06月17日

柴苓湯(サイレイトウ)

①.配合生薬
 柴胡 (サイコ)    :4~7g
 半夏 (ハンゲ)    :4~5g
 生姜 (ショウキョウ) :4g
 黄芩 (オウゴン)   :3g
 大棗 (タイソウ)   :2~3g
 人参 (ニンジン)   :2~3g
 甘草 (カンゾウ)   :2g
 沢瀉 (タクシャ)   :5~6g
 猪苓 (チョレイ)   :3~4.5g
 茯苓 (ブクリョウ)  :3~4.5g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3~4.5g
 桂皮 (ケイヒ)    :2~3g

②.効能
 体力中等度の人で、吐き気、食欲不振、喉の渇き、
 微熱、尿量減少などの症状がみられる場合の
 下痢、急性胃腸炎、暑気あたり、むくみ、などに用いられます。

③.適応症
 急性胃炎  (キュウセイイエン)
 急性腸炎  (キュウセイチョウエン)
 下痢    (ゲリ)
 暑気あたり (ショキアタリ)
 むくみ   (ムクミ)

④.使用上の注意
 発疹やかゆみなどの過敏症状が現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書等を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

⑤.副作用
 柴苓湯(サイレイトウ)の 副作用
 膀胱炎様症状(下腹部痛、頻尿、排尿痛、発熱)、
 間質性肺炎(咳、発熱、息切れ、肺炎など)、
 肝炎(倦怠感、そう痒、発熱)の症状が現れることがあります。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



 

2014年06月16日

左突膏(サトツコウ)

①.配合生薬
 瀝青  (レキセイ)  :80g
 豚脂  (トンシ)   :6g
 黄ろう (オウロウ)  :22g
 ごま油 (ゴマアブラ) :100g

②.効能
 化膿性の腫れなどに用いられます。

③.適応症
 化膿性の腫れ(カノウセイノハレ)

④.使用上の注意
 過去にこの薬で、発疹やかゆみなどの過敏症状が現れたことがある人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性、
 の服用は慎重を要します。
 あらかじめ薬剤師にその旨を相談するようにしてください。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書等を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

⑤.副作用
 左突膏(サトツコウ)の副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



 

2014年06月15日

三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)

①.配合生薬
 大黄 (ダイオウ) :1~2g
 黄芩 (オウゴン) :1~1.5g
 黄連 (オウレン) :1~1.5g

②.効能
 比較的体力がある人の肩こり、のぼせ、めまい、不眠症、精神不安、
 高血圧症、動脈硬化、脳卒中、鼻出血、痔出血、便秘、血の道症、
 更年期障害、月経不順、月経困難、などに用いられます。

③.適応症
 高血圧   (コウケツアツ)
 動脈硬化  (ドウミャクコウカ)
 脳卒中   (ノウソッチュウ)
 心不全   (シンフゼン)
 更年期障害 (コウネンキショウガイ)
 肩こり   (カタコリ)
 のぼせ   (ノボセ)
 めまい   (メマイ)
 不眠症   (フミンショウ)
 鼻出血   (ビシュッケツ)
 痔     (ジ)
 痔出血   (ジシュッケツ)
 便秘    (ベンピ)
 血の道症  (チノミチショウ)
 月経不順  (ゲッケイフジュン)
 月経困難  (ゲッケイコンナン)
 精神不安  (セイシンフアン)

④.使用上の注意
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)の副作用

 大黄(ダイオウ)には、生薬の副作用として、
 下痢・腹痛・食欲不振の症状が現れることがあります。
 また、子宮収縮作用や骨盤内臓器の充血作用が認められています。
 そのため、流早産の原因にもなりかねません。
 大量でなければまず心配ありませんが、
 妊娠中の服用については医師とよく相談してください。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう


 

2014年06月14日

酸棗仁湯(サンソウニントウ)

①.配合生薬
 酸棗仁 (サンソウニン) :7~15g
 知母  (チモ)     :3g
 川芎  (センキュウ)  :3g
 茯苓  (ブクリョウ)  :5g
 甘草  (カンゾウ)   :1g

②.効能
 心神の衰弱による不眠、貧血気味で頭痛がある場合、など
 に用いられます。

③.適応症
 不眠症 (フミンショウ)
 神経症 (シンケイショウ)

④.使用上の注意
 胃腸の弱い人は、下痢の症状が現れることがあります。
 偽アルドステロン症、ミオパシーの副作用が現れた場合、
 適切な処置が必要となります。
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の服用は、慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 酸棗仁湯(サンソウニントウ)の副作用

 茯苓(ブクリョウ)には、生薬の副作用として、
 便秘を引き起こす場合があります。 正常な便通の人には不適用です。

 甘草(カンゾウ)には、生薬の副作用として、
 偽アルドステロン症(浮腫・高血圧・むくみ・低カリウム症)、
 血圧上昇、ミオパシー、の症状が現れることがあります。
 また、インターフェロンとの併用で、間質性肺炎を起こす危険性が
 ありますので、注意してください。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



 

2014年06月13日

三味鷓鴣菜湯(サンミシャコサイトウ

①.配合生薬
 海人草 (カイニンソウ) :3~5g
 大黄  (ダイオウ)   :1~1.5g
 甘草  (カンゾウ)   :1~1.5g

②.効能
 回虫の駆除に効果があり、よく用いられます。
 三味鷓鴣菜湯は、「鷓鴣菜湯(シャコサイトウ)
 とも呼ばれます。

③.適応症
 回虫の駆除 (カイチュウノクジョ)

④.使用上の注意
 過去にこの薬で、発疹やかゆみなどの過敏症状が現れたことがある人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 あらかじめ薬剤師にその旨を相談するようにしてください。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書等を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

⑤.副作用
 三味鷓鴣菜湯(サンミシャコサイトウ)の副作用

 大黄(ダイオウ)には、生薬の副作用として、
 下痢・腹痛・食欲不振の症状が現れることがあります。
 また、子宮収縮作用や骨盤内臓器の充血作用が認められています。
 そのため、流早産の原因にもなりかねません。
 大量でなければまず心配ありませんが、
 妊娠中の服用については医師とよく相談してください。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



 

2014年06月12日

三物黄芩湯(サンモツオウゴントウ)

①.配合生薬
 黄芩 (オウゴン) :3g
 地黄 (ジオウ)  :6g
 苦参 (クジン)  :3g

②.効能
 体力中等度以上の人で、頭痛、手足のほてりなどがあり、
 特に手足のほてりが激しく安眠できない場合、
 などに用いられます。

③.適応症
 皮膚のかゆみ  (ヒフノカユミ)
 不眠症     (フミンショウ)
 自律神経失調症 (ジリツシンケイシッチョウショウ)
 更年期障害   (コウネンキショウガイ)

④.使用上の注意
 胃腸虚弱、吐き気、嘔吐のある人の服用は注意が必要です。
 下痢、食欲不振、胃部不快感などの症状が現れることがあります。
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 三物黄芩湯(サンモツオウゴントウ)の副作用

 地黄(ジオウ)には、生薬の副作用として、
 胃もたれ・胃痛・吐気・嘔吐・下痢・胸焼け・食欲不振、など、
 胃腸障害を招く事があります。
 胃腸の弱い人には向いていない漢方薬です。

 黄芩(オウゴン)には、生薬の副作用として、
 空咳・発熱・労作時の息切れ、などの間質性肺炎の症状が現れることがあります。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。


 

2014年06月11日

滋陰降火湯(ジインコウカトウ)

①.配合生薬
 当帰  (トウキ)    :2.5g
 芍薬  (シャクヤク)  :2.5g
 地黄  (ジオウ)    :2.5g
 天門冬 (テンモンドウ) :2.5g
 麦門冬 (バクモンドウ) :2.5g
 陳皮  (チンピ)    :2.5g
 蒼朮  (ソウジュツ)または、
 白朮  (ビャクジュツ) :3.0g
 知母  (チモ)     :1.5g
 黄柏  (オウバク)   :1.5g
 甘草  (カンゾウ)   :1.5g
 大棗  (タイソウ)   :1.0g
 生姜  (ショウキョウ) :1.0g

②.効能
 体力の低下した人で、喉にうるおいがなく、
 たんが出にくく、激しくせきこむ、場合など
 に用いられます。

③.適応症
 気管支炎 (キカンシエン)

④.使用上の注意
 下痢、食欲不振、胃部不快感、などの症状が、
 現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 滋陰降火湯(ジインコウカトウ)の副作用

 地黄(ジオウ)には、生薬の副作用として、
 胃もたれ・胃痛・吐気・嘔吐・下痢・胸焼け・食欲不振、など、
 胃腸障害を招く事があります。
 胃腸の弱い人には向いていない漢方薬です。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。



 
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ