漢方薬(ハ行)

2013年06月06日

スポンサードリンク
半夏散及湯(ハンゲサンキュウトウ)Edit

①.配合生薬
 半夏 (ハンゲ)  :3g
 桂皮 (ケイヒ)  :4g
 甘草 (カンゾウ) :2g

②.効能
 喉の痛みに用いられます。

③.適応症
 喉の痛み(ノドノイタミ)

④.使用上の注意
 過去にこの薬で、発疹やかゆみなどの過敏症状が現れたことがある人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 あらかじめ薬剤師にその旨を相談するようにしてください。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書等を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。


 

2013年06月05日

半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)

①.配合生薬
 半夏 (ハンゲ)   :4.0~5.0g
 黄芩 (オウゴン)  :2.5~3.0g
 乾姜 (カンキョウ) :2.0~2.5g
 人参 (ニンジン)  :2.5~3.0g
 甘草 (カンゾウ)  :2.5~3.0g
 大棗 (タイソウ)  :2.5~3.0g
 黄連 (オウレン)  :1.0g

②.効能
 体力中等度の人で、みぞおちのつかえ、食欲不振、下痢などの
 症状がみられる場合の急性および慢性胃腸カタル、発酵性下痢、
 消化不良、胃下垂、十二指腸潰瘍、神経性胃炎、胃弱、胸やけ、
 つわり、二日酔い、口内炎、神経症などに用いられます。

③.適応症
 急性胃炎(キュウセイイエン)
 慢性胃炎(マンセイイエン)
 胃潰瘍(イカイヨウ)
 十二指腸潰瘍(ジュウニシチョウカイヨウ)
 過敏性腸症候群(カビンセイチョウショウコウグン)
 胃腸カタル(イチョウカタル)
 胃下垂(イカスイ)
 むかつき(ムカツキ)

④.使用上の注意
 低カリウム血症の人、アルドステロン症の人、ミオパシーのある人は、
 使用できないこともあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書等を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。


 

2013年06月04日

半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)

①.配合生薬
 半夏 (ハンゲ)    :3.0g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3.0~6.0g
 陳皮 (チンピ)    :3.0g
 茯苓 (ブクリョウ)  :3.0g
 麦芽 (バクガ)    :1.5~2.0g
 天麻 (テンマ)    :2.0g
 生姜 (ショウキョウ) :0.5~2.0g
 黄耆 (オウギ)    :1.5g
 人参 (ニンジン)   :1.5g
 沢瀉 (タクシャ)   :1.5g
 黄柏 (オウバク)   :1.0g
 乾姜 (カンキョウ)  :0.5~1.0g
 神麹 (シンキク)   :2.0g

②.効能
 胃腸虚弱な人で、足が冷え、頭痛やめまい、吐き気など
 をともなう場合の胃アトニー、胃下垂、胃神経症、低血圧など
 に用いられます。

③.適応症
 低血圧(テイケツアツ)
 胃下垂(イカスイ)
 胃アトニー(イアトニー)

④.使用上の注意
 妊婦または妊娠している可能性のある女性は
 使用できない場合があります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書等を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。


 
八解散(ハチゲサン)Edit

①.配合生薬
 人参 (ニンジン)   :2~4g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3~4g
 茯苓 (ブクリョウ)  :3~4g
 半夏 (ハンゲ)    :3~4g
 陳皮 (チンピ)    :2~4g
 大棗 (タイソウ)   :2g
 甘草 (カンゾウ)   :1~1.5g
 生姜 (ショウキョウ) :1~2g
 藿香 (カッコウ)   :3g
 厚朴 (コウボク)   :6g

②.効能
 胃腸が弱く、下痢、嘔吐、発熱、食欲不振のいずれかを
 伴う風邪症候群に用いられます

③.適応症
 風邪症候群(カゼショウコウグン)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。



 

2013年06月03日

白朮散(ビャクジュツサン)

①.配合生薬
 白朮 (ビャクジュツ) :4g
 川芎 (センキュウ)  :4g
 蜀椒 (ショクショウ) :2g
 牡蛎 (ボレイ)    :2g

②.効能
 産前、産後の体力回復に用いられます。

③.適応症
 産前・産後の体力回復(サンゼン・サンゴノタイリョクカイフク)

④.使用上の注意
 過去にこの薬で、発疹やかゆみなどの過敏症状が現れたことがある人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 あらかじめ薬剤師にその旨を相談するようにしてください。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書等を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。

 

2013年06月02日

白朮附子湯(ビャクジュツブシトウ)

①.配合生薬
 附子 (ブシ)     :0.3~1g
 白朮 (ビャクジュツ) :4g
 生姜 (ショウキョウ) :3g
 大棗 (タイソウ)   :3g
 甘草 (カンゾウ)   :2g

②.効能
 手足が冷え、頻尿の場合の関節リウマチ、関節痛、神経痛、
 などに用いられます。

③.適応症
 関節リウマチ(カンセツリウマチ)
 関節痛(カンセツツウ)
 神経痛(シンケイツウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

 

2013年06月01日

白虎加桂枝湯(ビャッコカケイシトウ)

①.配合生薬
 知母 (チモ)   :5g
 粳米 (コウベイ) :8g
 石膏 (セッコウ) :15g
 甘草 (カンゾウ) :2g
 桂皮 (ケイヒ)  :2~4g

②.効能
 喉の渇き、ほてりなど
 に用いられます。

③.適応症
 喉の渇き(ノドノカワキ)
 ほてり(ホテリ)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、胃腸の弱い人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

 

2013年05月31日

白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)

①.配合生薬
 知母 (チモ)   :5g
 粳米 (コウベイ) :8g
 石膏 (セッコウ) :15g
 甘草 (カンゾウ) :2g
 人参 (ニンジン) :1.5~3g

②.効能
 比較的体力のある人で、初期の糖尿病、暑気あたり、熱性疾患などで、
 喉が激しく渇く、ほてりがある場合などに用いられます。

③.適応症
 糖尿病(トウニョウビョウ)

④.使用上の注意
 妊婦または妊娠している可能性のある女性は
 使用できない場合があります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

 
白虎湯(ビャッコトウ)

①.配合生薬
 知母 (チモ)   :5g
 粳米 (コウベイ) :8g
 石膏 (セッコウ) :15g
 甘草 (カンゾウ) :2g

②.効能
 喉の渇き、ほてりなどに効果があり、
 よく用いられます。

③.適応症
 喉の渇き(ノドノカワキ)
 ほてり(ホテリ)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、胃腸の弱い人、
 妊婦または妊娠している可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

 

2013年05月30日

不換金正気散(フカンキンショウキサン)

①.配合生薬
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :4g
 厚朴 (コウボク)   :3g
 陳皮 (チンピ)    :3g
 大棗 (タイソウ)   :2g
 甘草 (カンゾウ)   :1g
 生姜 (ショウキョウ) :0.5~1g
 半夏 (ハンゲ)    :6g
 藿香 (カッコウ)   :1g

②.効能
 胃のもたれ、消化不良、吐き気などがある場合に
 用いられます。

③.適応症
 急性胃炎(キュウセイイエン)
 慢性胃炎(マンセイイエン)
 胃アトニー(イアトニー)
 食欲不振(ショクヨクフシン)
 消化不良(ショウカフリョウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

 
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ