ショウサイコトウ

2014年05月13日

スポンサードリンク
小柴胡湯(ショウサイコトウ)

①.配合生薬
 柴胡 (サイコ)    :4~7g
 半夏 (ハンゲ)    :4~5g
 生姜 (ショウキョウ) :4g
 黄芩 (オウゴン)   :3g
 大棗 (タイソウ)   :2~3g
 人参 (ニンジン)   :2~3g
 甘草 (カンゾウ)   :2g

②.効能
 体力が中等度以上の人で、上腹部が張って苦しい、
 吐き気、食欲不振、微熱などの症状がみられる場合の
  肺炎、胃炎、胃腸虚弱、疲労倦怠感、
  風邪の後期症状、気管支炎、熱性疾患、
 などに用いられます。

③.適応症
 慢性肝炎 (マンセイカンエン)
 慢性腎炎 (マンセイジンエン)
 肺炎   (ハイエン)
 慢性胃炎 (マンセイイエン)
 気管支炎 (キカンシエン)

④.使用上の注意
 体力が著しく衰えている人は、注意が必要です。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 小柴胡湯(ショウサイコトウ)の 副作用
 間質性肺炎(気管支炎、発熱、咳、呼吸困難、チアノーゼなど)、
 肝障害(黄疸、全身倦怠感、皮疹など)、膀胱炎様症状、
 偽アルドステロン症(浮腫、高血圧、低カリウム血症、ミオパチー)、
 扁平苔癬型皮疹、の症状が現れることがあります。

 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

⑥.概要
 小柴胡湯(ショウサイコトウ)は、

 小柴胡湯は胸がつまるように苦しかったり、嘔吐、のどの渇き、イライラ、
 口の苦み、などが、あるときによく用いられます。
 小柴胡湯の副作用が以前問題になりましたが、証(体質)にあえばとても有効な漢方薬です。

 脇腹から鳩尾にかけて不快感や痛みがあり、胃がつかえて食欲なく口が苦くなったり
 舌に白い苔ができ、熱が出たり悪寒を繰り返すような時の風邪・肝炎・中耳炎・扁桃腺炎
 などに用います。 


 
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ