不安神経症

2013年06月07日

スポンサードリンク
半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)Edit

①.配合生薬
 半夏 (ハンゲ)    :5~6g
 茯苓 (ブクリョウ)  :5g
 厚朴 (コウボク)   :3g
 蘇葉 (ソヨウ)    :2g
 生姜 (ショウキョウ) :3~4g

②.効能
 体力中等度以下の神経質な人で食道部に異物感があったり、
 動悸やめまい、吐き気などの症状がみられる場合の
 不安神経症、神経性胃炎、うつ、せき、つわり、不眠症、
 などに用いられます。

③.適応症
 めまい(メマイ)
 食欲不振(ショクヨクフシン)
 うつ(ウツ)
 不安神経症(フアンシンケイショウ)

④.使用上の注意
 妊婦または妊娠している可能性のある女性は
 使用できない場合があります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書等を
 よく理解したうえで使用するようにしてください。


 

2013年05月09日

奔豚湯(ホントントウ)

①.配合生薬
 呉茱萸 (ゴシュユ)   :2g
 桂皮  (ケイヒ)    :4g
 半夏  (ハンゲ)    :4g
 生姜  (ショウキョウ) :1g
 人参  (ニンジン)   :2g
 甘草  (カンゾウ)   :2g

②.効能
 不安神経症、動悸、ヒステリーなどに用いられます。
 奔豚湯は、「肘後方(チュウゴホウ)」とも呼ばれています。

③.適応症
 不安神経症(フアンシンケイショウ)
 動悸(ドウキ)
 ヒステリー(ヒステリー)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書をよく
 理解したうえで使用してください。

 
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ