十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)

2014年05月20日

スポンサードリンク
十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)

①.配合生薬
 人参 (ニンジン)   :2.5~3g
 黄耆 (オウギ)    :2.5~3g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3g
 茯苓 (ブクリョウ)  :3g
 当帰 (トウキ)    :3g
 芍薬 (シャクヤク)  :3g
 地黄 (ジオウ)    :3g
 川芎 (センキュウ)  :3g
 桂皮 (ケイヒ)    :3g
 甘草 (カンゾウ)   :1.5g

②.効能
 消耗性疾患や病後の体力低下、疲労倦怠感、神経衰弱、
 食欲不振、貧血、手足の冷え、寝汗、胃腸虚弱、胃下垂、
 などに用いられます。

③.適応症
 低血圧   (テイケツアツ)
 食欲不振  (ショクヨクフシン)
 疲れやすい (ツカレヤスイ)
 貧血    (ヒンケツ)
 寝汗    (ネアセ)
 胃腸虚弱  (イチョウキョジャク)
 胃下垂   (イカスイ)

④.使用上の注意
 発疹、かゆみ、下痢、食欲不振、胃部不快感、
 などの症状が現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

⑤.副作用
 十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)の副作用
 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質、などの場合、
 不快な症状や副作用が出る場合があります。
 ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐ服用をやめ、
 漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

⑥.概要
 十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)は、
 体力や血液を補う代表的な漢方薬です。
 疲労、虚弱体質、食欲不振、手足の冷え、めまい、貧血のほか、
 病後の体力アップや慢性病、生理不調、など、
 にも用いることができます。
 足りない血液や水分を補い、肌に潤いを与えてくれます。
 慢性的な湿疹にも使えます。


 
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ