甘草

2013年06月17日

スポンサードリンク
人参湯(ニンジントウ)

①.配合生薬
 人参 (ニンジン)   :3g
 甘草 (カンゾウ)   :3g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3g
 乾姜 (カンキョウ)  :2~3g

②.効能
 体質虚弱、比較的体力の低下した人で、
 手足が冷えやすく、尿量が多い傾向がある場合の
 胃腸虚弱、胃アトニー、下痢、嘔吐、胃痛、胃拡張、つわり、
 などに用いられます。

③.適応症
 胃下垂(イカスイ)
 つわり(ツワリ)

④.使用上の注意
 発疹やかゆみなどの過敏症状が現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


 

2013年06月13日

排膿湯(ハイノウトウ)

①.配合生薬
 甘草 (カンゾウ)   :1.5~3g
 桔梗 (キキョウ)   :1.5~5g
 生姜 (ショウキョウ) :1~3g
 大棗 (タイソウ)   :2.5~6g

②.効能
 化膿性皮膚疾患の初期、または軽度のものなど
 に用いられます。

③.適応症
  化膿性皮膚疾患(カノウセイヒフシッカン)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、妊婦または
 妊娠している可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


 

2013年05月19日

扶脾生脈湯(フヒセイミャクトウ)

①.配合生薬
 人参  (ニンジン)   :2g
 紫苑  (シオン)    :2g
 黄耆  (オウギ)    :2g
 五味子 (ゴミシ)    :1.5g
 甘草  (カンゾウ)   :1.5g
 当帰  (トウキ)    :4g
 麦門冬 (バクモンドウ) :6g
 芍薬  (シャクヤク)  :3g

②.効能
 出血、出血傾向に効果があり、
 よく用いられます。

③.適応症
 出血(シュッケツ)
 出血傾向(シュッケツケイコウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

 

2013年05月15日

防已茯苓湯(ボウイブクリョウトウ)

①.配合生薬
 防已 (ボウイ)   :2.4~3.0g
 黄耆 (オウギ)   :2.4~3.0g
 桂皮 (ケイヒ)   :2.4~3.0g
 茯苓 (ブクリョウ) :4.0~6.0g
 甘草 (カンゾウ)  :1.5~2.0g

②.効能
 手足が冷え、むくみがある場合などに用いられます。

③.適応症
 むくみ(ムクミ)
 めまい(メマイ)
 しびれ(シビレ)
 手足の痛み(テアシノイタミ)

④.使用上の注意
 高血圧の人、心臓に病気のある人、妊婦または妊娠している
 可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

 

2013年05月08日

麻黄湯(マオウトウ)

①.配合生薬
 麻黄 (マオウ)   :4~5g
 杏仁 (キョウニン) :4~5g
 桂皮 (ケイヒ)   :3~4g
 甘草 (カンゾウ)  :1.5~2g

②.効能
 比較的体力の充実した人で、悪寒、発熱、頭痛、関節痛などの
 症状がみられる場合の風邪、インフルエンザ、喘息、関節痛、
 関節リウマチなどに用いられます。

③.適応症
 風邪症候群(カゼショウコウグン)
 関節リウマチ(カンセツリウマチ)
 慢性扁桃炎(マンセイヘントウエン)
 インフルエンザ(インフルエンザ)

④.使用上の注意
 発疹やかゆみなどの過敏症状が現れることがあります。
 胃腸の弱い人、体力の衰えている人、心臓に病気のある人の
 服用は慎重を要します。

 

2013年05月06日

麻杏薏甘湯(マキョウヨクカントウ)

①.配合生薬
 麻黄  (マオウ)   :4g
 杏仁  (キョウニン) :3g
 薏苡仁 (ヨクイニン) :10g
 甘草  (カンゾウ)  :2g

②.効能
 比較的体力のある人の関節痛、神経痛、筋肉痛などに
 用いられます。

③.適応症
 関節痛(カンセツツウ)
 神経痛(シンケイツウ)
 肌荒れ(ハダアレ)

④.使用上の注意
 むくみ、脱力感、血圧上昇などの症状が現れることがあります。
 胃腸の弱い人、体力の衰えている人、心臓に病気のある人の
 服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書をよく
 理解したうえで使用してください。

 

2013年05月03日

明朗飲加菊花(メイロウインカキクカ)

①.配合生薬
 茯苓  (ブクリョウ)  :6g
 桂皮  (ケイヒ)    :4g
 蒼朮  (ソウジュツ)または、
 白朮  (ビャクジュツ) :3g
 甘草  (カンゾウ)   :2g
 車前子 (シャゼンシ)  :2g
 細辛  (サイシン)   :2g
 黄連  (オウレン)   :2g
 菊花  (キクカ)    :2g

②.効能
 動悸、ふらつき、めまいなどがあり、
 尿量が少ない場合に用いられます。

③.適応症
 眼精疲労(ガンセイヒロウ)
 目の痛み(メノイタミ)
 目の充血(メノジュウケツ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書をよく
 理解したうえで使用してください。

 

2013年04月24日

立効散(リッコウサン)

①.配合生薬
 細辛 (サイシン) :1.5~2.0g
 升麻 (ショウマ) :1.5~2.0g
 防風 (ボウフウ) :2.0~3.0g
 甘草 (カンゾウ) :1.5~2.0g
 竜胆 (リュウタン):1.0~1.5g

②.効能
 歯や歯ぐきの痛み、抜歯後の疼痛などに用いられ、
 軽い痛みから激痛まで全ての痛みに効果的です。

③.適応症
 虫歯の痛み (ムシバノイタミ)
 抜歯後の痛み(バッシゴノイタミ)

④.使用上の注意
 一口ずつ、しばらく口に含んでからゆっくりと飲むようにしましょう。
 偽アルドステロン症の副作用が現れた場合、適切な処置が必要となります。
 妊婦または妊娠している可能性のある女性は使用できない場合があります。

 
タグクラウド
アクセスカウンター

商品紹介

  • ライブドアブログ