紫苑

2013年05月19日

スポンサードリンク
扶脾生脈湯(フヒセイミャクトウ)

①.配合生薬
 人参  (ニンジン)   :2g
 紫苑  (シオン)    :2g
 黄耆  (オウギ)    :2g
 五味子 (ゴミシ)    :1.5g
 甘草  (カンゾウ)   :1.5g
 当帰  (トウキ)    :4g
 麦門冬 (バクモンドウ) :6g
 芍薬  (シャクヤク)  :3g

②.効能
 出血、出血傾向に効果があり、
 よく用いられます。

③.適応症
 出血(シュッケツ)
 出血傾向(シュッケツケイコウ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

 
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

商品紹介

  • ライブドアブログ