蒼朮

2013年06月21日

スポンサードリンク

二朮湯(ニジュツトウ)

①.配合生薬
 白朮  (ビャクジュツ)  :1.5~2.5g
 茯苓  (ブクリョウ)   :1.5~2.5g
 陳皮  (チンピ)     :1.5~2.5g
 天南星 (テンナンショウ) :1.5~2.5g
 香附子 (コウブシ)    :1.5~2.5g
 黄芩  (オウゴン)    :1.5~2.5g
 威霊仙 (イレイセン)   :1.5~2.5g
 半夏  (ハンゲ)     :2.0~4.0g
 羗活  (キョウカツ)   :1.5~2.5g
 蒼朮  (ソウジュツ)   :1.5~3.0g
 甘草  (カンゾウ)    :1.0~1.5g
 生姜  (ショウキョウ)  :0.6~1.0g

②.効能
 肩や腕の痛みやしびれで、
 筋肉にしまりがない人の五十肩、
 などに用いられます。

③.適応症
 肩こり (カタコリ)
 五十肩 (ゴジュウカタ)

④.使用上の注意
 妊婦または妊娠している可能性のある女性は
 使用できない場合があります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


 

2013年06月18日

女神散(ニョシンサン)

①.配合生薬
 当帰  (トウキ)   :3~4g
 川芎  (センキュウ) :3g
 蒼朮  (ソウジュツ)または、
 白朮  (ビャクジュツ):3g
 香附子 (コウブシ)  :3~4g
 桂皮  (ケイヒ)   :2~3g
 黄芩  (オウゴン)  :2~4g
 人参  (ニンジン)  :1.5~2g
 檳榔子 (ビンロウジ) :2~4g
 黄連  (オウレン)  :1~2g
 木香  (モッコウ)  :1~2g
 丁子  (チョウジ)  :0.5~1g
 甘草  (カンゾウ)  :1~1.5g
 大黄  (ダイオウ)  :0.5~1g

②.効能
 体力中等度以上の人で、のぼせ、めまい、頭痛、動悸、不眠、不安などの
 神経症状などの症状がみられる場合の
 月経不順、月経困難、更年期障害、自律神経失調症、
 などに用いられます。

③.適応症
 自律神経失調症(ジリツシンケイシッチョウショウ)
 更年期障害(コウネンキショウガイ)

④.使用上の注意
 他の製剤と併用する場合は注意が必要です。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


 

2013年06月17日

人参湯(ニンジントウ)

①.配合生薬
 人参 (ニンジン)   :3g
 甘草 (カンゾウ)   :3g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3g
 乾姜 (カンキョウ)  :2~3g

②.効能
 体質虚弱、比較的体力の低下した人で、
 手足が冷えやすく、尿量が多い傾向がある場合の
 胃腸虚弱、胃アトニー、下痢、嘔吐、胃痛、胃拡張、つわり、
 などに用いられます。

③.適応症
 胃下垂(イカスイ)
 つわり(ツワリ)

④.使用上の注意
 発疹やかゆみなどの過敏症状が現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


 

2013年06月12日

八解散(ハチゲサン)

①.配合生薬
 人参 (ニンジン)   :2~4g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3~4g
 茯苓 (ブクリョウ)  :3~4g
 半夏 (ハンゲ)    :3~4g
 陳皮 (チンピ)    :2~4g
 大棗 (タイソウ)   :2g
 甘草 (カンゾウ)   :1~1.5g
 生姜 (ショウキョウ) :1~2g
 藿香 (カッコウ)   :3g
 厚朴 (コウボク)   :6g

②.効能
 胃腸が弱く、下痢、嘔吐、発熱、食欲不振のいずれかを
 伴う風邪症候群に用いられます

③.適応症
 風邪症候群(カゼショウコウグン)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


 

2013年06月11日

人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ)

①.配合生薬
 人参  (ニンジン)   :3g
 当帰  (トウキ)    :4g
 芍薬  (シャクヤク)  :2~3g
 地黄  (ジオウ)    :4g
 蒼朮  (ソウジュツ)または、
 白朮  (ビャクジュツ) :4g
 茯苓  (ブクリョウ)  :4g
 桂皮  (ケイヒ)    :2.5g
 黄耆  (オウギ)    :1.5~2.5g
 陳皮  (チンピ)    :2~2.5g
 遠志  (オンジ)    :1.5~2g
 五味子 (ゴミシ)    :1~1.5g
 甘草  (カンゾウ)   :1~1.5g

②.効能
 病後や体力の衰弱した人で、疲労倦怠感、精神不安、食欲不振、
 寝汗、貧血、手足の冷えなどに用いられます。

③.適応症
 食欲不振(ショクヨクフシン)
 疲れやすい(ツカレヤスイ)
 貧血(ヒンケツ)
 手足の冷え(テアシノヒエ)

④.使用上の注意
 腹痛、食欲不振、胃部不快感、発疹、かゆみなどの
 症状が現れることがあります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。


 

2013年06月04日

八解散(ハチゲサン)Edit

①.配合生薬
 人参 (ニンジン)   :2~4g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3~4g
 茯苓 (ブクリョウ)  :3~4g
 半夏 (ハンゲ)    :3~4g
 陳皮 (チンピ)    :2~4g
 大棗 (タイソウ)   :2g
 甘草 (カンゾウ)   :1~1.5g
 生姜 (ショウキョウ) :1~2g
 藿香 (カッコウ)   :3g
 厚朴 (コウボク)   :6g

②.効能
 胃腸が弱く、下痢、嘔吐、発熱、食欲不振のいずれかを
 伴う風邪症候群に用いられます

③.適応症
 風邪症候群(カゼショウコウグン)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。



 

2013年05月20日

附子理中湯(ブシリチュウトウ)

①.配合生薬
 人参 (ニンジン)   :3g
 甘草 (カンゾウ)   :3g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :3g
 乾姜 (カンキョウ)  :2~3g
 附子 (ブシ)     :1g

②.効能
 胃腸虚弱で血色が悪く、多尿、手足の冷え、下痢の傾向があり、
 吐き気やめまい、胃痛などの症状がある場合の
 慢性胃腸カタル、胃アトニーなどに用いられます。

③.適応症
 慢性胃炎(マンセイイエン)
 胃下垂(イカスイ)
 慢性胃腸カタル(マンセイイチョウカタル)
 胃アトニー(イアトニー)

④.使用上の注意
 体力があり自覚的に熱感のある人、妊婦または妊娠している
 可能性のある女性の服用は慎重を要します。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

 

2013年05月13日

補気建中湯(ホキケンチュウトウ)

①.配合生薬
 蒼朮  (ソウジュツ)または、
 白朮  (ビャクジュツ) :5.5~7g
 茯苓  (ブクリョウ)  :3~5g
 陳皮  (チンピ)    :2.5~3g
 人参  (ニンジン)   :3g
 黄芩  (オウゴン)   :2g
 厚朴  (コウボク)   :2g
 沢瀉  (タクシャ)   :2~3g
 麦門冬 (バクモンドウ) :2~3g

②.効能
 胃腸が弱く、腹部膨満感のある場合に
 用いられます。

③.適応症
 腹部膨満感(フクブボウマンカン)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書を
 よく理解したうえで使用してください。

 

2013年05月12日

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

①.配合生薬
 人参 (ニンジン)   :4g
 蒼朮 (ソウジュツ)または、
 白朮 (ビャクジュツ) :4g
 黄耆 (オウギ)    :3~4g
 当帰 (トウキ)    :3g
 陳皮 (チンピ)    :2g
 大棗 (タイソウ)   :2g
 柴胡 (サイコ)    :1~2g
 甘草 (カンゾウ)   :1~1.5g
 生姜 (ショウキョウ)または、
 乾姜 (カンキョウ)  :0.5g
 升麻 (ショウマ)   :0.5~1g

②.効能
 体質虚弱、体力の低下した人で、倦怠感、食欲不振、動悸などの
 症状がみられる場合の病後の体力増強、胃下垂、虚弱体質、貧血症、
 多汗症、勃起障害、夏やせ、食欲不振、寝汗などに用いられます。

③.適応症
 食欲不振(ショクヨクフシン)
 低血圧(テイケツアツ)
 疲れやすい(ツカレヤスイ)

④.使用上の注意
 妊婦または妊娠している可能性のある女性は
 使用できない場合があります。
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書をよく
 理解したうえで使用してください。

 

2013年05月03日

明朗飲加菊花(メイロウインカキクカ)

①.配合生薬
 茯苓  (ブクリョウ)  :6g
 桂皮  (ケイヒ)    :4g
 蒼朮  (ソウジュツ)または、
 白朮  (ビャクジュツ) :3g
 甘草  (カンゾウ)   :2g
 車前子 (シャゼンシ)  :2g
 細辛  (サイシン)   :2g
 黄連  (オウレン)   :2g
 菊花  (キクカ)    :2g

②.効能
 動悸、ふらつき、めまいなどがあり、
 尿量が少ない場合に用いられます。

③.適応症
 眼精疲労(ガンセイヒロウ)
 目の痛み(メノイタミ)
 目の充血(メノジュウケツ)

④.使用上の注意
 薬の使用にあたり、薬剤師の説明や添付の説明文書をよく
 理解したうえで使用してください。

 
タグクラウド
アクセスカウンター

商品紹介

  • ライブドアブログ